高反発マットレスと低反発マットレスの違いは?それぞれのメリットとデメリット

suimin

高反発マットレスとは

高反発マットレスとは、主に、低反発マットレスなどと比べて、高い反発力と復元力をもつマットレスのことを言います。
低反発マットレスが柔らかく、マットの体重で沈んだ部分がゆっくりと復元するのに対し、高反発マットレスは身体を支え、押し戻すための適度な力があるため、睡眠時の姿勢が整える効果があり、「肩こりや腰痛」などを持っている人に選ばれる傾向があります。
また、高反発マットレスは、「体圧分散性が良く」、「マットの耐久性が高い」という特徴も持っています。
とはいえ、高反発マットレスの中には低反発マットレスと同様のウレタン素材などを用いている製品も多く、低反発マットトレスも「体圧分散性」に優れるという特徴もっているため、上に述べたような「高反発」、「低反発」という点を除いては、両者の違いはあいまいになっているところがあります。
以下では、高反発マットレスと低反発マットレスの主な違いを説明しています。

低反発マットレスとの違いは?

低反発マットレスと高反発マットレスには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

寝返りがうちやすい

マットが柔らかく身体を包み込むような低反発マットレスに比べ、高反発マットレスはマットの反発力と復元力があるため、身体を押し返そうとする力が働き、必要以上の力を使わなくても寝返りがうちやすくなっています。
また、このことにより、高反発マットレスは、低反発マットレスに比べ「肩こりや腰痛のある人に適する」というメリットがあります。
「体圧分散性」という点においては、低反発マットレスも優れているのですが、やはり、マットが柔わらかく寝返りがうちにくいと、睡眠時に身体にストレスがかかってしまうことになります。

通気性が良い

通常のスプリングやコイルのマットレスと比べると劣る場合もありますが、低反発マットレスと比べると、通気性は非常に良くなります。
特にウレタン素材ではなく、繊維構造素材を用いた高反発マットレスは、より通気性に優れるため、身体に熱がこもらず、ムレにくくなっています。

硬めの使用感

高反発マットレスは、低反発マットレスと比べると反発力や復元力がある分、「ややハードな寝心地」となります。
柔らかい寝心地を重視される方は低反発マットレスを、出来るだけ睡眠時の身体への負荷をかけたくないという方は、高反発マットレスを選ばれると良いかもしれません。

高反発マットレスのデメリット

高反発のマットレスを使うと、いったいどのようなメリットが得られるのでしょうか?

価格が高めのものが多い

高反発マットレスは、低反発マットレスや他のマットレスなどと比べると、価格が高いものが多くなっています。
出来れば価格の安いものを選びたいところですが、中には高反発マットレスの本来の特徴が活かしきれていない製品もあるので、購入を検討される方は、可能であれば実際に試用されることをおすすめします。

寝心地が気になる人もいる

高反発マットレスは、低反発マットレスなどと違い、体重に対してマットがあまり沈み込まないため、やや硬めの使用感となっています。
これは、ある意味では寝る姿勢を整えるという高反発マットレスのメリットにも繋がっているのですが、柔らかい寝心地にこだわる方にとっては、寝づらさを感じてしまう要因となってしまいます。

まとめ

就寝時の姿勢の悪さは、睡眠の質の低下や、肩こりや腰痛といった慢性的な身体の症状に関わってきます。
高反発マットレスは、身体を適度な力で支えてくれるため、寝返りがうちやすく、寝ている時の姿勢を整えるというメリットがあります。
また、高反発マットレスの素材には、ウレタン性のものの他に、天然ゴムや水洗いができる網目繊維構造素材といわれるものもあり、それぞれの素材によって使用感も少しずつ異なったものとなっています。
とはいえ、高反発マットレスの購入を検討される方は、素材だけではなく、まず、その主なメリットである、適度な「反発力」、「体圧分散性」、「通気性」、「耐久性」などがちゃんと備わっているかをチェックすることをおすすめします。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る