電気毛布の手入れ方法と注意点、使わないほうがいい場合は?

suimin

電気毛布とは、電気によって加温できる毛布。寒冷期に冷えた布団や身体を温めることで睡眠を助ける寝具であり、暖房器具。

電気毛布の特徴と効果

電気毛布は、毛布の内部に電熱線を埋め込んだ暖房器具、または寝具。毛布はポリエステルやアクリル繊維などを生地として、一面が加温される仕組みとなっています。
敷き布団の上に敷く敷き毛布と、身体の上に掛けて使用する掛け毛布の2種類があります。いずれも湯たんぽに比べて加温効果が高く、寒い時期に体を温め血行を良くし、睡眠の質を高める効果があります。ただし、間違った使い方をすると逆に体に悪い場合があるので注意が必要です。

電気毛布の注意点

前述したとおり、電気毛布を正しく使わないと体調を崩す危険があります。特に、一晩中電気毛布を使用することによって、体温調節ができなくなる、体温が高いため睡眠中に疲れが取れない、疲れが取れないため体力が免疫力が下がるなどの弊害が予想されます。最悪の場合、脱水症状を起こし脳梗塞を併発する可能性もあるので、一晩付けっぱなしは避けるべきでしょう。
また、電磁波の問題もあります。電気毛布は電化製品ですので、必然的に電磁波を発しており、一晩中使用者は体を電磁波が出ているものに密着させている状態となります。近年では、電磁波を抑えた電気毛布が各メーカーから商品化されていますが、妊婦さんやペースメーカーなどの医療精密器具を体内に入れている方は使わない方が無難といえます。

電気毛布の正しい使い方

体温調節、電磁波の観点から、一晩中 電気毛布を起動させたまま寝ることはおすすめできません。電気毛布は正しい使い方を心がけることで睡眠をより良質なものにすることが可能です。
正しい使い方は、まず 寝る1時間〜30分前に電気毛布のスイッチを入れ、体を温め血行を促進します。そして、寝る前に必ずスイッチを切ることです。一度温まった体のまま寝る方が、温め続けるより健康的で、安眠に繋がるので、スイッチを切ることを徹底するか、タイマーを使用するなどして付けっぱなしを防ぎましょう。スイッチを消すと寒さを感じて眠れないという方は、湯たんぽがオススメ。自然にお湯は冷めるので、より自然に体を温めることができます。

まとめ

電気毛布は、電気によって加温できる毛布であり、冬の寒い時期に冷えた布団や身体を温めることで睡眠を助ける寝具です。、毛布の内部に電熱線を埋め込んだ暖房器具であり、敷き毛布と掛け毛布の2種類があります。加温効果が高く、寒い時期に体を温めることで血行を促進、睡眠の質を高める効果があります。ただし、間違った使い方をすると体に悪い場合があるので注意が必要。
電気毛布の注意すべき点は、使いすぎ。一晩中電気毛布を使用すると、体温調節ができなくなる、体温が高いため睡眠中に疲れが取れない、疲れが取れないため体力が免疫力が下がるなどの弊害が予想されます。脱水症状を起こし脳梗塞を併発する可能性も。また、電磁波の問題もありますので、妊婦さんやペースメーカーを体内に入れている方は使用しない方が無難。
電気毛布の正しい使い方は、寝る前に必ずスイッチを切ること。スイッチを切ることを徹底するか、タイマーを使用するなど付けっぱなしを防ぎましょう。スイッチを消すと寒さを感じて眠れないという方は、湯たんぽがオススメ。正しく電気毛布を使用して、冬の寒い時期を乗り越えましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る