防ダニ加工寝具の賢い選び方

suimin

防ダニ加工とは、一般的に 薬剤を使ってダニを寄せ付けないようにする加工方法。寝具では殺虫剤ではなくダニが近づかないようにする加工をすることが多くあります。

防ダニ加工の特徴

前述したように、防ダニ加工はダニが近づかないように 忌避効果を期待して、薬剤を使用した加工がされています。寝具では特に肌の接触が多いため、薬剤の安全性が懸念されていますが、各メーカーが何度も安全テストを重ねているため、肌や人体への影響はありません。
防ダニ加工は、布団の中わたやシーツ、カバーなどに使われている布、パイル、基布に施されており、その方法は、もとの繊維自体に薬剤を練り込むものと、出来上がった生地に後から薬剤を付着させるものがあります。これらは、素材や商品の性質によって変わります。

防ダニ加工寝具の選び方

防ダニ加工は生地に施されている製品と、布団や枕などの中綿に施されている製品があります。
中綿の場合は、ポリエステル綿に加工されているものが多く、一般的には全体の約50%を 防ダニ加工すれば効果があるとされています。もちろん、防ダニ加工わたを100%使用した方が効果は期待できますが、素材の利点を生かすには、比率を考えて選ぶことが大切です。
羊毛50% 防ダニポリエステル50%の布団なら、防ダニの効果に加え 羊毛の持つ保温性や吸湿性もある程度得られるといった具合です。
購入の際は、中綿の表示に注目し、自分のニーズに合った効果を考えて検討しましょう。

防ダニ加工の注意点

人体や肌への影響を鑑みて、各メーカーが何度もテストを繰り返している防ダニ加工ですが、赤ちゃんに対してテストすることが不可能であるため、防ダニ加工のベビー用品は注意が必要。ベビー用には、薬剤を使わない防ダニ加工製品がオススメ。薬剤を使用しないものは、まだ少ないのですが、メーカーによっては 超極細繊維を高密度で織り上げ、ダニを通さない方法をとった製品やダニの通り道を作らないノンキルト製品などを多く出しているところもあります。これらの商品を選ぶなら、ダニだけでなく ダニのふんや死骸もシャットアウトできるかどうかも知っておく必要があります。

まとめ

防ダニ加工とは、一般的に 薬剤を使ってダニを寄せ付けないようにする加工方法。寝具では、薬剤を使用した加工がされていますが、肌や人体への影響はありません。
防ダニ加工は主に、布団の中綿やシーツ、カバーなどに使われている布、パイル、基布に施されています。その方法は素材や製品によって、繊維自体に薬剤を練り込むものと、生地に後から薬剤を付着させるものに分けられます。
防ダニ加工は生地に施されている製品と、布団や枕などの中綿に施されている製品があり、ポリエステル綿に加工されているものは、一般的には全体の約50%を 防ダニ加工すれば効果があるとされています。素材の利点を生かすには、比率を考えて選ぶことが大切です。購入の際は、表示に注目し、自分のニーズに合わせて検討しましょう。
防ダニ加工の注意点として、赤ちゃん用に使わないことが挙げられます。赤ん坊に対して安全性テストをすることが不可能であるため、ベビー用品に防ダニ加工の製品を使うことはオススメできません。どうしてもダニが気になるなら、薬剤を使わない防ダニ加工製品がオススメ。超極細繊維を高密度で織り上げ ダニを通さない方法をとった製品やダニの通り道を作らないノンキルト製品などを選び、ダニだけでなく ダニのふんや死骸もシャットアウトできる製品を購入しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る