金縛りは心霊現象ではなく睡眠麻痺という症状だった!原因と予防策

suimin

睡眠麻痺とは

睡眠麻痺とは聞きなれない言葉ですが一般的には金縛りと呼ばれる症状です、金縛りを医学的に説明する場合に睡眠麻痺と呼ばれます。
睡眠時に意識があるのに体が動かない状態を体験したことがある方もいらっしゃると思います、それは睡眠時に体が眠っているのに脳が覚醒してしまうことにより発生します。

睡眠麻痺の症状

睡眠麻痺が発生すると「体が動かない」「手足が動かない」「声が出ない」「胸が苦しい」「何かが見える」等の症状が発生します。
体が動かないことや声が出ない等、自分の意思で動けないという症状が広く知られている症状です、この現象は睡眠時に脳が覚醒してしまったが体は睡眠状態にあるため体が動かないという状態にあります、この症状は浅い眠りの状態レム睡眠時に体と脳の睡眠バランスが崩れた際に起こる症状です。
レム睡眠時に脳は活発に活動していますが体は深い眠りの状態に入っています、その時に何らかの影響により脳は覚醒したが体が睡眠状態になっているため意識はあるが体が動かない状態となります。
また何かが見えるということも言われますがこれもレム睡眠の特徴が関係しています、人間は脳が活動しているレム睡眠時に多く夢を見ます、レム睡眠時の夢は起きた後も内容を覚えていることが多いです、睡眠麻痺が発生すると直前まで見ていた夢の内容が認識として残っていることがあります、またなぜ体が動かないのか脳がわからないのでその理由として脳が幻覚を引き起こすとされています。
レム睡眠時には体を休ませている状態にあるため自律神経の活動が不安定になることがあります、その際に胸が苦しい等の症状が発生します。

睡眠麻痺の原因

睡眠麻痺の原因は複数ありますがストレスや不規則な生活習慣または過度な疲労が溜まることで症状の発生原因となります。
ストレスを強く感じると交感神経が活発になり睡眠に必要な副交感神経が働きません、そのため睡眠状態が悪くなり睡眠麻痺の原因となります。
不規則な生活習慣を続けることにより睡眠リズムが乱れてしまいます、そのことにより睡眠麻痺を発生させる原因となります。
また普段あまり運動をしない人が急に運動することで睡眠麻痺が発生することがあります、普段から運動をしているスポーツ選手でも強い有酸素運動をすることにより金縛りが発生します。
旅行先で睡眠麻痺が発生することがあります、これは環境が変化し脳が興奮状態になっているため睡眠バランスが崩れ症状が発生します。
よく金縛りに良くなるという宿がありますが、これは環境変化と事前に「金縛りになる」という緊張状態が重なることで睡眠麻痺が発生しやすくなるからです。

睡眠麻痺を防ぐには

睡眠麻痺の予防対策としてはまずストレスを溜め込まないことが大事です、ストレスは睡眠麻痺だけでなく他の睡眠障害の原因にもなります、仕事や日常生活を送るうえでストレスが無くなることは難しいですが、睡眠前にリラックスすることで予防になります。
また不規則な生活をしないようにすることでも予防対策になります、休み前など夜更かしをしがちになりますがあまり長い夜更かしはしないようにしましょう、長い夜更かしにより睡眠リズムが乱れる原因になります。
また日中適度に体を動かすことにより睡眠に入りやすくなります、また日常的に体を動かすことで運動自体に体が慣れますので運動による症状発生を防ぐことになります。

まとめ

この様に金縛りという現象も現在では睡眠麻痺という医学的説明ができます。
睡眠麻痺が頻繁に発生するのであればまずは生活習慣から見直してみて下さい、また日頃ストレスが溜まっているなと感じている方は就寝前に好きな音楽を聴くなど自分に合うリラックス方法を見つける事で睡眠麻痺を防ぐことが出来ます。
睡眠麻痺だけでなく他の睡眠障害でも生活習慣の乱れとストレスは大きな原因となります、快適な睡眠のために日々の生活を見直しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る