赤ちゃん用のヌード布団を選ぶ際に最も注意すること

suimin

ヌード布団とは、無地の測地を用いた布団。シンプルかつ、布団カバーを掛けた際、布団自体の柄が布団カバーに写らないので、カバーリングを楽しむ場合に重宝されます。

ヌード布団の種類

ヌード布団は主に用途によって種類が変わります。ヌード布団が主に使われる一般的なものは、ベビー用の布団とコタツ布団です。
ベビー布団として、洗濯しやすく季節によって使い勝手の良いヌード布団はオススメ。生まれたばかりの赤ちゃんが使う布団ですから、ケアしやすく、軽くて保湿性があるものが人気。ヌード布団には、洗える中綿「エアロカプセルガンマ」が使用されているものも多く、軽くて保湿性に優れているのが特長です。
冬の風物詩、コタツ布団にも洗えるものが人気です。ウォッシャブルで保温性の高いヌード布団を使う家庭が多いでしょう。

ヌード布団の選び方

布団を選ぶ際は、サイズや軽さ、肌触りが特に大事になってきます。カバーを付けて使用するためのヌード布団なら、特にサイズや軽さを吟味して購入しましょう。
生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠時間は14~20時間程度。1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんですが、その体は骨や関節、股関節が未熟で、柔らかいだけの敷き布団では正常な発達を妨げてしまうことも。特に新生児期は、赤ちゃんが寝ることを考えて作られた布団を選びましょう。特に、ヌード布団を選ぶなら軽くて保湿性のあるものを。特にデリケート肌の赤ちゃんにはオーガニックコットンを使用したものを選びましょう。その他、赤ちゃんにとって良い寝姿を取れるものや、吸水性・保湿性に特に優れたものが売り出されているので、赤ちゃんの特徴に合わせて買うと良いでしょう。
コタツヌード布団を選ぶ際は、家庭で洗えるものを。コタツ布団は汗や皮脂、ダニなどの汚れが意外とつくものです。特に空気がこもって乾燥する冬なので、常に清潔な状態に保つことが必要でしょう。洗濯機で丸洗いでき、肌触りが良く、できればシワになりにくいものを選ぶと良いでしょう。

ヌード布団のお手入れ

寝る前に、または使用後に できれば毎日 軽くほぐすようにたたき、布団に空気を含ませ平均にならしましょう。これにより、より高い保温力を発揮します。なるべく側生地を傷みや汚れから守るために、カバーを使用するのが良いでしょう。
月に1、2回は天気の良い乾燥した日に1間程度日干ししましょう。ただし過度な日干しは、側生地や羽毛を傷める原因となります。また、日干しの際は棒などで強くたたかず、ホコリを払う程度にしましょう。

まとめ

ヌード布団は、無地の測地を用いた布団。カバーリングを楽しむ場合に、コタツ用に、ベビー用に人気の布団です。
ベビーヌード布団は、丸洗いできる 軽くて保湿性に優れた肌に優しいものを、コタツヌード布団には、ウォッシャブルで保温性の高いもの、シワになりにくいものを選びましょう。カバーを付けて普段使いの布団として使用するためのヌード布団なら、特にサイズや軽さを吟味して購入しましょう。
ヌード布団のお手入れはこまめに。寝る前に布団を軽くほぐすようにたたいて空気を含ませ、月に1、2回は天気の良い乾燥した日に1間程度日干ししましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る