貧血も原因の一つ?!むずむず脚症候群の原因と自分でできる改善策

suimin

むずむず脚症候群(Restless Legs Syndrome:RLS)は主に下肢に不快な異常感覚が生じる疾患です。
もし足にむずむずする・かゆい等のじっとしていられない不快感が慢性的に発生しているのでしたらそれはむずむず脚症候群かもしれません。
日本の2%~5%がこの疾患に掛かっていると言われています。

むずむず脚症候群の特徴

むずむず脚症候群で発生する症状である異常感覚は表現の違いはありますが「むずむずする」「かゆい」「ほてる」「虫が這っている」「ピンでなぞられている」等の大きな不快な感覚が特徴です。
また「針で刺されている」と表現される様な痛みを伴うこともあり症状によってはかなりの苦痛を感じます。
異常感覚は日中より夕方~夜間に発生することが多く、そのため眠りに入れない・眠っていても起きてしまう等の睡眠障害の原因になってしまいます。
睡眠障害が慢性的に継続してしまうと日中眠くなってしまう等日常生活に支障が出てきます、そのため強いストレスを感じるようになりうつ病を発症してしまう可能性もあります。

むずむず脚症候群の原因

現在むずむず脚症候群の原因ははっきり解明されていませんが「原因が特定できない特発性(一次性)」と「なんらかの疾患や状態が原因となっている(二次性)」と2種類の種別に分かれています。

原因が特定できない特発性(一次性)

現在原因は以下の4つと考えられています。
①神経伝達物質のドパミンの機能に障害が発生する。
②鉄分が不足する。
③脊髄や末端神経に異常が発生する。
④遺伝的要素
この中で②の鉄分の不足が有力な原因として考えられています、その理由としては①のドパミンは鉄分が不足すると分泌量が減少し正しい情報伝達が機能しなくなります、そのため脳からの情報が正確に伝わらず体の感覚に異常を感じるようになると考えられています。
また特発性の場合は近親者にむずむず脚症候群を発症している割合が高く、遺伝的な要素が関係しているとも考えられています。

なんらかの疾患や状態が原因となっている(二次性)

どの様な状態で発症するかまだはっきり解明されていませんが、以下の疾患や状態が原因となっている場合があります。
・鉄欠乏性貧血
・腎不全で人工透析をされている方
・パーキンソン病
・心不全
・甲状腺機能低下症
・関節リウマチ
・「抗精神病薬」や「抗うつ剤」等を使用している方も薬が原因となることがあります。

また女性では5人に1人が妊娠中に発症します、この場合多くは授乳時期の終了までに症状も無くなります。

診断基準

むずむず脚症候群の診断はまず現在発症している疾患の有無、そして疾患の症状と使用薬の作用等で説明ができないことが必要となります。
現在の診断は以下の項目が基準とされています。

①常にではなくとも下肢の異常感覚が原因となり脚を動かしたいという強い欲求が起こる。

②異常感覚が座ったり横になったりと安静にしている状態から始まる、若しくは増加する。

③異常感覚は運動することにより改善もしくは治まる。

④異常感覚が日中より夕方から夜間に増加する。

⑤これらの症状が他の疾患等で説明ができない。

また診断を補助する特徴が以下の3つです。

①ドパミン受容体作動薬が不快感軽減に効果がある。

②近親者にむずむず脚症候群の家族歴がある。

③睡眠中もしくは安静時に周期性四肢運動(手や足がピクッと動く状態)がある。

上記項目を満たしている場合はむずむず脚症候群と診断されます。

自分でできる改善方法

睡眠を妨げるこの症状も、生活習慣の改善によりよくなることがあります。

カフェインやアルコールを控える

カフェインやアルコールは眠りを浅くしてしまい自律神経を乱れさせてしまう原因となります、そのためむずむず脚症候群が発症する原因とされています。
カフェインやアルコールを控えることで症状改善が期待できます。

運動をする

異常感覚は運動することで改善されることがあります。
ウォーキング等足を動かす運動をすることで血行が良くなり脳に筋肉の感覚が正しく伝わりやすくなると考えられています。
この場合ゆっくりとした運動を心掛けて下さい、激しい運動はかえって逆効果になってしまう可能性がありますのでご注意ください。

マッサージやストレッチをする

寝る前に足のマッサージやストレッチを行うことで症状を抑える効果が期待できます。

鉄分を摂取する

むずむず脚症候群では鉄分の欠乏が原因と考えられています、原因である鉄分摂取が症状改善に期待できます。
症状が改善されない場合は睡眠障害の治療を行っている病院に受診されることをおすすめします。

ほったらかしにしないで、医師に相談も

原因がはっきり解明されていない疾患ですまた医療関係者においても認知度が低いため誤った診断をされている可能性もあるため潜在的な患者数はもう少し増えることが考えられます。
異常感覚の不快感だけでなく睡眠障害を発症してしまうと日中に強い眠気を感じることとなり日常生活に支障が出てきます、また症状の悪化に伴いうつ病を招くなど非常に注意が必要な疾患です。
もし症状に心当たりがある場合は早目に治療を始めましょう、不快な状態を早く改善することが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る