睡眠薬は急にやめると危険!反跳性不眠にならない睡眠薬のやめ方

suimin

反跳性不眠とは

睡眠薬をやめた時に発生する不眠症を【反跳性不眠】(はんちょうせいふみん)と言います。
不眠症を緩和する為に睡眠薬を継続して使用しているとその効果へ依存する原因となります、その状態で睡眠薬の使用を止めた際に不眠症状が再発することがあります、またその場合しばしば治療前より悪化した症状が現れることがあります。
このような反跳性不眠により「まだ薬が必要だ」という考えになってしまうため睡眠薬をやめる事を難しくしています。

反跳性不眠を起こしやすい睡眠薬とは

睡眠薬には不眠症の状態によって使用される薬が違いその効果時間によって分かれています。
睡眠薬を効果時間別に分けると次の4つに分かれます。

①超短期時間型 ②短期時間型 ③中間型 ④長期時間型
入眠障害には短時間で効果が表れる薬が使われます、また早期覚醒や中途覚醒には長く効果が現れる薬が使われます。
反跳性不眠が発症しやすい薬は短時間で効果が表れる超短期時間型や短期時間型の睡眠薬です。

睡眠薬をやめる不安

睡眠薬には依存性があるので長期間の使用はなるべく避けるべきです。
睡眠薬は不眠症を改善する為に使用しますが飲み続けることを目的としていません、不眠症状が改善された状態がしばらく続いたら薬の使用をやめる時期だと考えられます。
睡眠薬で不眠症状が改善されている状態なので「薬をやめたらまた眠れないのでは」という不安や恐れから精神的依存が生み出されていることが考えられます。
また薬をやめてから反跳性不眠が発症した場合に一睡も眠れない若しくは眠れたとしても短時間しか眠れないという体験から睡眠薬をやめられないという人も少なくないです。
しかし、睡眠薬をやめて自ら自然に睡眠がとれる様になる為にはどこかで決心し反跳性不眠とも戦わなくてはなりません。

睡眠薬をやめる方法

睡眠薬を急にやめることで反跳性不眠は発症します、発症を防ぐにはできるだけ長く時間をかけて内服量をゆっくり減らして行くことが大切です。
睡眠薬を減らしたりやめたりするには現在3つの方法が提唱されています。

①漸減法(ぜんげんほう)

使用している睡眠薬の内服量を少しずつ減らす方法です、期間は2週間から4週間を1つのスパンとして4分の1ずつ減らすことにより睡眠薬を使わずに睡眠に入れる様に体を慣らしていきます。
この方法は反跳性不眠を発症しやすい超短期時間型や短期時間型の睡眠薬が使用されている場合に使われることが多い方法です。

②隔日法(かくじつほう)

使用している睡眠薬を飲む日を減らす方法です、まずは「毎日飲む」から「1日おきに飲む」に減らしますその後「数日おきに飲む」へ間隔を長くして徐々に薬を減らします。
隔日法は反跳性不眠を発症しにくいとされている中間型や長時間型の睡眠薬を使用されている場合に使われる方法です。

③置換法(ちかんほう)

睡眠薬には反跳性不眠を発症しやすい薬があります、そこで一時的に反跳性不眠が起こりにくい薬に変え、その後漸減法や隔日法で睡眠薬の使用量を減らす方法です。
薬を減らしやめる場合には必ず医師に相談し適切な診断のもと行いましょう。

まとめ

睡眠薬は一度飲み始めてしまうとどうしてもその効果に依存してしまいます。
薬をやめたいと思っても眠れないことを思うと不安になります、飲み続ければそんな不安も無くなります。
しかし、睡眠薬は自然な眠りではありませんそして副作用もありますので飲み続ける限り睡眠以外の不安要素が発生してしまいます。
睡眠薬は不眠症を改善する為に一時的に使用する薬です医師と相談し少しずつ薬を減らしましょう、もしまた不眠症状がでてもそれは反跳性不眠かもしれません、乗り越えれば自然な睡眠をとることができます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る