睡眠不足には適度な仮眠が効果的!解消法と実践法

suimin

仮眠とは

短時間の睡眠を取ることを【仮眠】と呼びます。
仮眠には数分から2時間程度の仮眠まで様々ありますが、良く知られている代表的な仮眠としては昼寝も仮眠の一つです。
仮眠をうまく取り入れることでその後の活動に良い効果をもたらします。

仮眠のメリット

仮眠は眠気が無くなるだけでなく、うまく取ることによって精神にも体にもメリットがあります。
まず仮眠のメリットとしては疲労回復効果があります、特に午後の仮眠は夜に取る睡眠の3倍の疲労回復効果が期待できます、短時間であっても高い回復が期待できます。
また仮眠は記憶力の向上効果があります、仮眠をとることで脳内の記憶を整理する働きがあります、そのため何か記憶することや思い出す作業をする場合にはその機能の向上に繋がります。
また昼寝により脳が休まるのでリラックス効果があります、そのためストレスを減少することができます。

仮眠のデメリット

メリットが多い仮眠ですがデメリットもあります。
まず起きるタイミングが悪いとスッキリするどころか起きた後倦怠感を感じてしまいます、短時間の仮眠時にはあまりありませんが、30分を超える仮眠を取る場合には起きるタイミングが重要となります。
次に仮眠をとる時間が悪いと夜の睡眠時に眠れなくなることがあります、普通に夜間睡眠を取る生活の場合は夕方以降の仮眠は控えた方が良いです。

仮眠を取る方法

仮眠は何分が良いのかは個人差や仮眠に費やすことが可能な時間によって変わりますがいくつかの方法があります。

1分仮眠方法

仮眠の時間が取れない時には1分の仮眠でも有効です。
方法は単純です「1分間目を閉じて下さい」これだけです、人は目を開けているだけで視覚から多くの情報が常に入ってきています、目を閉じることで視覚から入る情報が無くなるので脳を休ませることができます、この方法は少し眠気が出てきたかなと感じる程度の状態である場合有効です、眠気が強い場合にはもう少し長い仮眠をとる方が良いです。

10分~30分仮眠方法

10分~30分の仮眠が効率の良い仮眠とされています。
まとまって仮眠を取ることにより脳と体の回復に高い効果が期待できます。
30分以上の仮眠は逆にデメリットを発生させてしまう可能性が高くなります、人が睡眠に入るとまず深い眠りに入ります、30分以内ですとまだ眠りの浅い段階で起きることになりスッキリ目覚める事ができますが、30分以上睡眠を取ってしまうと深い眠りに入ってしまうため目覚めが悪くなります、その為に疲労回復効果を期待した仮眠が逆に倦怠感を発生させてしまう原因となってしまいます。

90分周期仮眠方法

強い眠気を感じていて長い仮眠時間を取ることができる場合には90分周期の睡眠が高い回復効果が期待できます。
短時間の睡眠では浅い睡眠状態で目覚めることになりますが、長い時間仮眠を取ることにより深い眠りに入り脳をしっかり休ませることができます。
前述で30分以上眠ると深い睡眠に入ってしまうと目覚めが悪くなると言いましたが、睡眠は深い睡眠のノンレム睡眠と浅い睡眠のレム睡眠を約90分周期で繰り返します、そのため睡眠に入ってから約90分後に浅い睡眠になるのでその時に目覚めるタイミングを持ってくることでスッキリ起きることができます。

まとめ

仮眠には様々なメリットがあります、眠気を感じているだけでなく体に疲労感がある場合には無理に我慢せずに適度に仮眠を取ることにより脳や体の疲労回復をすることでその後の活動に良い効果があります。
最近では仮眠を取ることによるメリットから企業や学校でも仮眠を推奨している所もあります、特に推奨されていなく仮眠を取れる雰囲気でなくとも少し目を閉じて1分仮眠を取るだけでも効果があります。
自分の状態や状況等を考慮して良い仮眠を取ることで仕事も家事も勉強についても効率を上げることが期待できます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る