気分はリゾート!クイーンサイズベッドの寝心地とサイズ感

suimin

クイーンサイズとは、主にベッドのおよその寸法を示す言葉で、一般的には横幅が160cm前後、縦幅が195cm前後のベッドのことを指すことが多いです。
ただし、縦幅に関しては、セミシングル、シングル、ダブルなど他のサイズのベッドと共通していることもあります。

クイーンサイズはこんな方におすすめ

クイーンサイズは、二人用のベッドの購入を検討されている方の中でも、ダブルサイズでは少し広さが足りないと考えられている方におすすめのサイズになります。
ダブルサイズより横幅が20cm~30cm広くなるため、大人が二人で使用しても、ゆったりとくつろぐことができるサイズと言えるでしょう。
また、少し狭くなるものの、小さいお子さん程度であれば親子3人で一緒に寝ることも可能な広さです。

ダブルサイズとの比較

二人用としての使用が主となるクイーンサイズのベッドは、同じく二人用として使用される事の多いダブルサイズのベッドと良く比較されます。
横幅のサイズとしては、クイーンサイズが160cm程度、ダブルサイズが140cm程度となり、両者にの横幅にはおよそ20cmほどの違いがあります。
一般的に、二人用のベッドとしてはダブルサイズのものが基本的な大きさとなりますが、一人用であるシングルサイズの横幅が100cm程度であることを考えると、横幅が140cm程度であるダブルサイズのベッドは二人で使うには必ずしも広いとは言えないかも知れません。
クイーンサイズは、ダブルサイズより概ね20cm~30cmほど横幅が広くなりますので、大人が二人で使用しても充分な余裕があります。

さらに大きいものが良い方はキングサイズを

二人用としてクイーンサイズのベッドは決して小さいものではありませんが、自分やパートナーの寝相が気になるという方や、小さいお子さん達などと一緒に寝るという方はキングサイズのベッドも選択肢に入れて良いかもしれません。
キングサイズのベッドの横幅は、シングルサイズのベッドをちょうど二つ並べた程度の大きさ(180cm~200cm前後)となり、一般的なベッドのサイズとしては最も大きいものとなり、クイーンサイズのベッドとは20cmから最大で40cmほどの横幅の差があります。
一般的にクイーンサイズのベッドはキングサイズのベッドの次に大きいサイズのものとなりますので、お子さんなどを含めた家族での使用を考えている方は、基本的にはキングサイズのベッドとどちらかの選択になるでしょう。

まとめ

一般的にクイーンサイズのベッドは、ベッドのサイズの中でもキングサイズの次に大きいサイズのベッドで、ダブルサイズのベッドより、20cm~30cm横幅が広く、シングルサイズと比較した場合ではおよそ1.5倍ほどのサイズのベッドとなります。
二人用としてダブルサイズと比べられることが多いクイーンサイズですが、もし、ダブルサイズよりわずかに広いベッドが良いという方は、「ワイドダブルサイズ」というダブルサイズとクイーンサイズの中間的な大きさのベッドもありますのでそちらも検討されてみると良いでしょう。
また、お子さんなどと一緒に3人以上の使用を考えられるのであれば、キングサイズのベッドも検討されてみて下さい。
大人が二人で使用しても広さにゆとりのあるクイーンサイズですが、お部屋の広さや置く位置によっては、かなり場所をとってしまい圧迫感を感じてしまうこともあります。これは、キングサイズのベッドにも言えることです。
ベッドのサイズには様々なものがありますが、特にクイーンサイズ以上のベッドを購入される際は、あらかじめ寸法を図るのはもちろんですが、実際にお部屋に置いたときのイメージを思い浮かべながら検討されるのが望ましいでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る