抱き枕を使って腰痛や肩こりが改善できる!?

suimin

抱き枕は、枕の一種で抱きかかえて使う寝具。通常の枕と併用して使うことで、安眠を促すとされています。

抱き枕の効能

抱き枕の効能はなんといっても、安眠効果が高いこと。抱きついて眠る姿勢は、胎児だった頃に子宮内でとっていた姿勢と近いため、人に安心感をもたらします。そのため、睡眠時により安心した状態で心身を休息させることができ、安眠できます。
また、抱き枕に腕をかける、足ではさむという行為は、睡眠中の寝返りと同じ効果があり、血行を良くします。血の流れが良くなることでより深く、質の良い睡眠が確保できます。
さらに、抱き枕は寝ている時にかかる体への負担を軽減する効能が期待できます。特に、横向き姿勢は肩や腰が体重で強い圧迫を受けるため、負担が大きくなります。これが肩こりや腰の痛みなどにつながります。しかし、横向きに眠ることは睡眠中の気道の確保や寝返りのために必要。そこで、抱き枕を利用することで、体重が分散され、肩や腰にかかる負担を軽減することができ、横向きで眠る際の体の負担を減らすことができます。

効果的な使い方

抱き枕の効果的な使い方は寝方によって異なります。いつも仰向けで寝ている場合は、抱き枕を膝の下に置き、足を曲げた状態で寝るようにすると腰にかかる負担を軽減できます。
前述したように、横向きに寝ている場合は、抱き枕を膝の間に挟んで抱きしめる形で寝るようにしましょう。腰や肩にかかる負担が分散され、背骨のねじれが解消されるため腰痛の改善に効果的です。
抱き枕は、妊娠中期から後期の妊婦さんにもオススメ。お腹も大きくなりはじめ、お腹の重さで息苦しさや寝心地の悪さを感じるとき、抱き枕が活躍します。身体の左側を下にして横になり、お腹がつぶれない程度にうつぶせになります。右膝と右腕は前に曲げ、左膝と左腕の下に抱き枕を入れて少し後ろに曲げることで、お腹の重みや体重を抱き枕が支えてくれます。

抱き枕の選び方

抱き枕は寝姿勢によって適切な形や素材がことなります。自分が横向きで眠ることが多いか、仰向けかうつ伏せか、自分の最も寝やすい姿勢を知っておきましょう。抱き枕の形は非常に多種多様。一般的なロング枕タイプ、人形タイプ、三日月形、動物形もあります。素材もポリエステルわた、羽根、低反発ウレタン、スノー低反発、極小ビーズ、クラッシュラテックスと枕によって様々あるので、いろいろ試して購入するのが良いでしょう。

まとめ

抱き枕は安眠効果や体重の支えをもたらしてくれるアイテム。抱きつくことで安心感を得るだけでなく、睡眠中身体にかかる負担を軽減してくれます。効果的な使い方は、仰向けに寝る場合は抱き枕を膝の下に、横向きに寝る場合は抱きかかえて寝ること。これによって肩や腰への負担が分散され、腰痛や肩こり解消につながります。また、抱き枕は妊婦さんにもオススメ。左側を下にして左膝と腕の下に抱き枕を入れて寝ることで、お腹の重さと体重を分散してくれます。
自分に合った抱き枕を選ぶのも重要です。多種多様な形・素材から、自分の寝姿勢にフィットするものを購入しましょう。自分に合った抱き枕を使うことで、あなたの睡眠はより深く、質の高いものとなります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る