快眠美人になれる「カシミヤ布団」の特徴と価格や洗濯方法など

suimin

カシミヤ布団とは、カシミヤヤギというヤギの毛を用いて作られた掛け布団や敷布団のことを言います。

カシミヤ布団の特徴

カシミヤ布団の主な特徴となるのは、ウール(羊毛)布団に通じる動物繊維らしい、「保温性の豊かさ」と、「上質な使い心地」です。
カシミヤの毛の繊維には、ウールと同じように「クリンプ」と呼ばれる特有の縮れがあり、また非常に細くなっているため、よく絡み合い空気の層をつくります。
このことによって、カシミヤは優れた断熱性と保温性をもちますが、さらに繊維の特性から吸湿・発散性にも優れているため、汗をかいても蒸れにくいという特徴をもっています。
また、カシミヤの毛の繊維は動物繊維にしては比較的、スケール(人間で言う髪の毛のキューティクルのようなもの)の毛羽立ちが少なく、表面に天然の油脂分を含んでいるため、非常になめらかな触り心地で、独特のぬめりがあります。
さらに、弾力性にも優れているため、ふんわりとした使い心地を感じることができるでしょう。

カシミヤ布団の種類

カシミヤ布団には、主に側生地にカシミヤを用いているものと、中材にカシミヤを用いているものがあります。
側生地と中材の両方にカシミヤを使用しているものもありますが、カシミヤは高級素材でもあるため基本的に使用されている量が多くなればなるほど、価格の方も高くなりがちです。
そのため、中綿や側生地にポリエステルなどの合成繊維や、他の天然繊維を混綿、混紡している製品も多くあります。
ただし、必ずしもカシミヤ以外の繊維を一緒に用いているものが悪いというわけではなく、他の繊維を用いることで、軽量性や耐久性、あるいはメンテナンスのしやすさなどが向上している布団もあります。
また、これはウール系の繊維全般に言えることですが、カシミヤの繊維は擦れたりすることで静電気を帯びやすいという性質をもっています。
ポリエステルなどの繊維は静電気を摩擦などによって静電気を帯びることが無いため、場合によっては混紡、混綿を行なうことで、使い心地が良くなるということもあります。

羊毛布団などとの違い

ウール系の繊維として羊毛と比較されることが多いカシミヤですが、保温性や弾力性の良さなど、寝具素材としての基本的な特徴は共通するものがあります。
しかしながら、羊毛の繊維より、カシミヤの繊維の方が細く、熱伝導性の低い空気をよりたくさん含むことができるためカシミヤの方がより保温性に優れるなど、両者にはいくつかの違いがあります。
また、羊毛製品は使う人によってはチクチクとした刺激感を感じてしまうことがありますが、カシミヤの場合、羊毛よりスケールの毛羽立ちが穏やかなため、比較的にそのような刺激感を感じにくくなっています。
さらに、一般的にはカシミヤの方が軽量性があり、また繊維の伸縮性に優れるため、生地などにしたときに、より軽やかで、しなやかな使い心地を感じることが出来ます。
繊維に油脂分を含むことで、より滑らかな触り心地があるというのもカシミヤならではのものです。

カシミヤ寝具の価格

カシミヤはご存知の通り高級素材です。ブランド物のマフラーやセーターなどに使われることも多くあります。
そのため、カシミヤ素材の寝具(掛け布団や毛布)は非常に高価なものになります。
カシミヤ混綿の布団であれば、1万円~5万円程度で買うこともできます。また、毛布に関しても同じくらいの価格帯になります。
しかし、純カシミヤの毛布などはダブルサイズで20万円以上するものも存在します。
中には、100万円近い値段のものもあります。
暖かく肌触りのいいカシミヤ寝具ですが、価格的に少々手が出ませんね。

まとめ

高い保温性をもちながらも、吸湿・発散性にも優れ快適な使い心地が持続しやすいカシミヤは、寝具や衣類に使われる繊維の中でも代表的な高級素材として知られています。
また、羊毛と比較した際には、保温性や軽量性などを含め様々な優れる点があります。
ただし、カシミヤは羊毛と同じく、「静電気を帯びやすく」、「毛玉などが発生しやすい」など、ウール系繊維特有のデリットもあるのでその点は気をつける必要があります。
特に、水分を含んだ状態で揉みや摩擦が加わると、フェルト化(縮れて硬くなる)起こしてしまい、場合によっては元に戻らなくなってしまうので注意が必要です。
この点、ポリエステルなどの合成繊維などを使用したカシミア布団は、耐久性に優れやすくメンテナンスがしやすいといったメリットもあります。(ただし、あまり他繊維を用いたカシミヤ布団だと、カシミヤ本来の良さが活かされていない場合もあるので混率などは確認しておきましょう)
もし、カシミヤや羊毛を多く使用した布団を洗濯される場合は、基本的には、クリーニング屋さんに持ち込まれることをおすすめ致します。家庭でメンテナンスをされる際は、洗濯表示や付属の説明書きをお読みになり、正しい方法で行なうようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る