布団カバー選びで気を付けるべきポイントは「防縮加工」

suimin

防縮加工とは、洗濯やドライクリーニング時の布の収縮を防止する加工。洗濯時以外にも風雨、湿気、汗、日光やアイロン掛けなどの際の化学的物理的作用で生じる収縮を防止する場合もあります。

防縮加工の種類

前述した通り、防縮加工とは織物などの収縮を防止するための加工。収縮は織物に熱と湿気を与えてあらかじめ緩和収縮を行う方法や、合成繊維に熱処理を施す方法、樹脂加工剤や異なる物質を加えて防縮性を加える方法などさまざまあります。

繊維の種類により収縮の程度は異なりますので、その対策も異なります。綿の場合は、サンフォライズ加工、樹脂加工、液体アンモニア加工の三種類があります。サンフォライズ加工とは、縮みの原因である綿繊維の不安定な部分を物理的な方法で安定させ、縮みを縦、横ともに1%に留める加工。樹脂加工は、綿繊維の不安定な部分に樹脂を浸透させて固定し、水を吸収しても繊維が動きにくくして縮みを防ぐ加工。液体アンモニア加工とは、マイナス33.4度で液化したアンモニア液で、綿繊維を化学的に改質する方法です。

ウールは特に、スケールの引っ掛かりによって繊維の絡み合って収縮 フェルト化が起こるため、水に濡れると収縮します。ウールの縮みを防止するには、スケールの引っ掛かりを無くす必要があります。したがって、スケール除去や樹脂コーティングで絡み合いを防止する方法が用いられます。また、織物の場合には繊維同士を樹脂で接着する方法もあります。レーヨンの場合には耐水性を向上させることにより防縮効果が得られます。

寝具では主に洗濯することが多い布団カバーやウォッシャブルをうたう布団や枕に用いられています。

布団カバーに防縮加工は必須

昔ながらのベーシックな掛布団用カバーは綿100%の生地が多く、綿100%の生地は洗うと縮みやすいものです。防縮加工をすることで、縮みにくい素材に変えられていることがほとんどです。防縮加工がないと、布団のサイズと合わなくなり、布団カバーを布団にかけることができなくなってしまうのです。

また、ベビー布団や肌布団、ベッドパッドでウォッシャブルをうたう商品はだいたい防縮加工がされています。これも布団カバーと同じく、ベッドや敷布団とこれらのサイズが合わなくなることを防ぐためです。

まとめ

防縮加工とは、洗濯やドライクリーニング時の布の収縮を防止する加工。洗濯時以外にも風雨、湿気、汗、日光やアイロン掛けなどの際の化学的物理的作用で生じる収縮を防止する場合もあります。収縮は織物に熱と湿気を与えてあらかじめ緩和収縮を行う方法や、合成繊維に熱処理を施す方法、樹脂加工剤や異なる物質を加えて防縮性を加える方法などさまざまあります。寝具では主に洗濯することが多い布団カバーやウォッシャブルをうたう布団に用いられます。

繊維の種類により収縮の程度は異なりますので、その対策もさまざま。綿の場合は、サンフォライズ加工、樹脂加工、液体アンモニア加工、レーヨンは耐水性を向上させる方法が主に用いられます。ウールは特に、水に濡れると収縮するので、スケールの引っ掛かりを無くす必要があり、スケール除去や樹脂コーティングで絡み合いを防止する方法が用いられます。また、織物の場合には繊維同士を樹脂で接着する方法もあります。特に布団カバーに防縮加工は必須といえます。昔ながらのベーシックな綿100%の生地は洗うと縮みやすいため、防縮加工がないと、布団のサイズと合わなくなり、布団カバーを布団にかけることができなくなってしまうためです。また、ウォッシャブルの布団も多くは防縮加工がされています。これもベッドや敷布団とこれらのサイズが合わなくなることを防ぐためです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る