寝具選びのポイントに!アクリル繊維寝具のメリットとデメリット

suimin

アクリル繊維の特徴

アクリル繊維は、合成繊維の中でもアクリロニトリルを主原料にして作られるものです。
アクリロニトリルは、”石油”から採取されたプロピレンとアンモニアを混ぜ作られますが、アクリル繊維は、さらにこれに共重合原料 といわれるものを混ぜ出来たものを専用の機械によって糸状に押し出すことによって作られます。
ちなみに、原料の配分の差などから、アクリル繊維とアクリル系繊維と言われるものは厳密には異なります。
ウールの繊維を再現するように作られたアクリル繊維は、セーターや靴下などをはじめとして多くの製品に使用されており、見た目や質感においてもウールに近い仕上げをすることが出来ます。

アクリル繊維のメリット

様々な製品に利用されることの多いアクリル繊維ですが、そのメリットとして大きな特徴をなすのが、ウールに近い”ふんわりとした”風合いです。
合成繊維の中でもこのような、”かさ高い”仕上がりはアクリル繊維ならではのものです。実際に触った感じもソフトで、温かく保温性のあるものとなっています。
このように非常にウール近い感触を持っているアクリル繊維ですが、重さに関してはウールそのものより軽くなっています。(ポリエステルなどと比べても軽いです。) 
また、他の繊維と比較しても弾性回復率に富んでおり、シワになりにくいのもそのメリットのひとつです。
さらに、日光にも強く、カビや害虫によって痛むことがないのも大きな利点です。薬品の影響も比較的受けにくくなっています。
染めやすく、発色性にも富んでいる点において、製品としてのコーディネイトのしやすさもそのメリットに挙げることができるでしょう。

アクリル繊維のデメリット

デメリットとしては、静電気が起きやすい点や、毛玉が出来やすい点などが挙げられます。
また、熱に弱く、アイロンをかける際や、乾燥をさせる際は注意をしなければいけません。
保温性に優れる一方で、比較的に吸湿性が低く、汗などを吸収しにくくなっています。
アクリル繊維を作るにはいくつかの製法があるのですが、この製法によっては繊維がいくらか太くなり「チクチク」とした肌触りになってしまうことがあります。

メンテナンスについて

デメリットでも書きましたが、アクリル繊維は熱に弱くなっています。
したがって、アイロンをかける際は、比較的低温で(100度~130度)、できれば布を当てながらかけましょう。
また、洗濯をされる際も繊維が縮まないように、水の温度に気をつけることが大切です。
(汚れを落ちやすくするためにぬるま湯にする程度なら良いでしょう)
静電気を防止するために柔軟材を利用してみるのも良いかもしれません。

用途や目的に合わせた寝具選びを

アクリル繊維を使った製品には安価なものも多く、デザインも豊富なため、日常的に利用することが多い素材でもあります。
メリットも多いアクリル繊維ですが、お手入れを間違えてしまうと一気に縮んだりしてしまうのでその点は注意をされてください。
また、デメリットのところでも書きましたが、アクリル繊維を使った製品によっては肌に刺激を感じてしまう人が居ます。
特に、肌が敏感な方でアクリル繊維の製品を買われる方は、一度試着してみることをお勧めします。
しかしながら、熱などへの弱さを除いては比較的、耐性や強度にも優れており扱いやすく、メンテナンスをすれば、安価な製品にしても意外と長持ちしやすいのがアクリル繊維の特徴です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る