寝具の毛玉「ピリング」を防止する方法と対処法

suimin

ピリングとは、編み地や布地の表面の摩擦により、繊維がからみあって毛玉ができること。また、その毛玉の名称。

ピリングの特徴

シーツ、カバーの中でも、ピリングが出来やすいものと、出来にくいものがあります。「高いものは発生しにくい」かといえば、そうでもありません。寝ている時によく動き回る、寝返りが多いという方は毛玉が発生しやすいと言えるかもしれませんが、材質によっても毛玉が発生しやすいもの、発生しにくいものがあります。
シリングが発生しやすいのは、特に天然素材と化学素材の混合品。綿やシルクなどの天然素材と、ポリエステルなどの化学素材の混合素材の繊維がほぐれ落ちた繊維が絡まってピリングとなります。つまり、天然素材の綿やシルクを100%使ったシーツやカバーは毛玉になりにくいといえます。

ピリングを防止するには

ピリングができるということは、生地の密度がその分薄くなってしまうということです。ピリングを防止するには、過度に洗濯しないことです。洗濯の摩擦は最も毛玉を作る原因。汚れが気になるなら部分洗いを、全体の洗濯の際はネットを活用しましょう。毛布や布団などの寝具は日干ししましょう。
また、こまめにブラッシングするのもピリング防止になります。毛玉取り用のブラシで優しくなでるように繊維に合わせてブラッシングします。できれば毎朝することで、ピリングができる可能性がグッと下がります。

ピリングができてしまったら

一度ピリングができてしまうと、ブラシで取ろうにもなかなか取れないもの。オススメは、食器を洗い用のスポンジ。片面が柔らかく、もう片面が固い頑固な汚れを落とす専用の材質になったものの、固い方が活躍します。シーツやカバーの繊維に沿って、スポンジの固い方を 毛玉を1カ所に集めるようなイメージで擦っていきます。強めに擦ることで簡単に毛玉が集まるので、ブラシよりも効果的です。ただし、この方法は、シーツやカバーを傷つけたり、破けてしまうことも。毛玉が出来る時点で、繊維が減っていることに他ならないので、次からは毛玉が出来にくい素材を選ぶのが良いでしょう。

まとめ

ピリングとは、編み地や布地の表面の摩擦により、繊維がからみあって毛玉ができること。また、その毛玉。シーツ、カバーの中でも、ピリングが出来やすいものと、出来にくいものがあります。材質によって毛玉が発生しやすいものと発生しないものがあります。
シリングが発生しやすいのは、天然素材と化学素材の混合品。綿やシルクなどの天然素材と、ポリエステルなどの化学素材の混合素材の繊維がほぐれ落ちた繊維が絡まってピリングとなります。
ピリングを防止するには、過度に洗濯しないこと。汚れが気になるなら部分洗いを。全体の洗濯の際はネットを活用しましょう。また、こまめにブラッシングするのもピリング防止になります。毛玉取り用のブラシで優しくなでるように繊維に合わせてブラッシングします。
ピリングができてしまったら、食器を洗い用スポンジの固い方を 毛玉を1カ所に集めるようなイメージで擦っていきます。強めに擦ることで簡単に毛玉が集まるので、ブラシよりも効果的です。毛玉ができるということは繊維が減っていることに他ならないので毛玉が出来にくい素材を選ぶのが得策でしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る