寝ても疲れが取れない原因は概日リズムの乱れかも

suimin

概日リズムとは

人間の体には体内時計という機能が存在し体のリズムを刻んでいます、環境変化のない恒常環境で発生する約1日のリズムを【概日リズム】と呼びます。
概日リズムが正しく刻まれることにより体が活動に適した状態や睡眠に入る状態等をコントロールしています、このリズムが崩れることにより体には様々な悪影響が発生し睡眠障害を発生させる原因ともなります。

概日リズムのメカニズム

人間だけでなく多くの生物には体内時計が備わっています、その体内時計を制御しているのが時計遺伝子という細胞です。
時計遺伝子は体の全身に存在しています、それぞれが個別に時間を刻んでいるのではなく脳にある視床下部と呼ばれる部分にある視交叉上核に主時計遺伝子が存在しています、この主時計遺伝子が元となり体内時計が働き概日リズムが刻まれます。
概日リズムは一定の周期で刻まれていますが24時間~25時間と通常24時間より長い時間で1周期となっています、環境変化の無い場所にいる場合には約24時間の周期リズムを刻みますが実際の時間と合わない周期となります、この状態をフリーランと言います。
このため実際の1日24時間と少しずつズレが生じてしまいます、そのズレを修正するのが光の存在です。
朝日が目に入ることで概日リズムはリセットされる機能があります、この機能により実際の時間と体の概日リズム同調し合わせることができます。

概日リズムが乱れることによる睡眠障害

人間は体内時計が正常に働くことで正しい概日リズムが刻まれ体のホルモンバランスや睡眠リズムを整えます、しかし何らかの原因によってリズムが狂ってしまうことにより体に様々な悪影響を及ぼします、ここでは概日リズムの異常で発生する睡眠障害を紹介します。
概日リズムが影響している睡眠障害を「概日リズム睡眠障害」と言います、これは概日リズムを原因とした睡眠障害の総称です、この睡眠障害では睡眠の時間が狂ってしまい眠りたい時間に眠れない、起きていたい時間に起きていられない等、日常生活に支障が発生してしまう睡眠障害です。
この睡眠障害をでは睡眠時間のズレ方によって分けられ以下の種類があります。

・睡眠相後退症候群

・睡眠相前進症候群

・非24時間睡眠覚醒症候群

・不規則型睡眠・覚醒パターン

・ジェットラグ症候群

・交代勤務制睡眠障害
上記睡眠障害の原因として「睡眠相後退症候群」「睡眠相前進症候群」「非24時間睡眠覚醒症候群」「不規則型睡眠・覚醒パターン」「交代勤務制睡眠障害」は生活習慣により概日リズムに異常が発生することが原因とされています、遅くまで夜更かしすることや早い時間に寝ることが習慣となる、また仕事等で昼夜交代して勤務しなければならないことで概日リズムのリセット機能がうまく働かなくなり睡眠障害を発生させてしまう原因となります。
「ジェットラグ症候群」は一般的に時差ボケと言われる症状です、これも概日リズムが原因となっている症状です、これは短時間で時差がある地域に移動することで体内の概日リズムと現地の時間に差が生じることで眠りたい時に眠れない・昼間なのに眠い等の症状が発生します。

まとめ

体内時計が刻む概日リズムは体の状態をコントロールする大切なリズムです、しかしリズムを崩してしまうことによって様々な悪影響を発生させてしまいます。
概日リズムが狂ってしまうことによる睡眠障害は一度発症してしまうと改善まで長期化する傾向があります、もし眠りたいときに眠れないことや起きていたいけれども起きていられない等の症状が続く場合には概日リズムが狂っていしまっているかもしれません。
また影響は睡眠障害だけでなく生活習慣病やガンの発症まで影響するとされています。
概日リズムを正確に機能させるには夜はしっかり眠り朝起きて朝日を浴びて体内時計のリセット機能を働かせることが大切です、そのために不規則な生活習慣をせずに規則正しい生活を心掛けましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る