寒い冬は上掛けを活用して寝具の保温効果UP!

suimin

上掛けとは、掛け布団やコタツ布団の上に、さらにもう一枚、毛布やカバーを掛けることを言います。

掛け布団に上掛けをする場合

掛け布団に上掛けをする場合、その主な目的は、布団の保温効果を高めることです。
冬場など掛け布団をして寝ているけれど、何か少し寒いなと思ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなときは、掛け布団の上にもう一枚、毛布を追加することで、掛け布団がより身体に密着すると同時に放熱作用も抑えられ、より温かな寝心地を実感することができるでしょう。
たった毛布一枚で寝具の保温性が変わるのか、と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、上掛けをするのとしないのではお布団の温かみに意外と差があるものなのです。
とはいえ、上掛けする毛布の厚さによっても、その保温効果は違ってきます。
もし、それほど寒さを感じないのであれば薄手の毛布などでも十分ですし、より温かみをプラスしたいのであれば、厚めのものを上掛けされると良いでしょう。

コタツ布団に上掛けをする場合

コタツ布団に上掛けをする場合もありますが、どちらかと言えばその目的は、保温効果を期待すると言うより、コタツ布団を汚れなどから保護するためであることが多いです。
また、このような場合、コタツ専用のカバーを使用する場合も多いですが、洗濯がしにくいコタツ布団において上掛けは、掛け布団にする際とは別のメリットがあると言えるでしょう。
また、掛け布団と同じくコタツ布団の保温効果を上げる事で、コタツの温度を上げずに電気代の節約をできるといったメリットも考えられます。

毛布を掛ける順番を変えることも

上掛けは掛け布団などの「上」に毛布を掛け保温性を向上させるものですが、掛け布団の素材によっては、上掛とは違う順番で毛布を使用することもあります。
例えば、羽毛布団の場合は、上掛けをした方がより羽毛に体温が伝わり、毛布がふんわりと膨らむので効果的ですが、ポリウレタンなどを利用した掛け布団の場合、毛布を掛け布団の下に使用したほうが効率よく保温効果が得られることがあります。
これは、羽毛布団の場合とは違い、肌に密着させてもさほど保温効果の向上が見込めない布団に用いられる方法となります。
羽毛布団の場合は、上掛けにより布団全体がより肌に密着することで、羽毛が温かい空気を含んだ状態で膨張し、高い保温効果が得られるのですが、ポリエステルなどを使用した布団の場合は、上掛けによって布団全体の”かさ高さ”が、減りやすく、羽毛布団ほどの保温効果が見込めないのです。

まとめ

上掛けの効果が最も効率的に発揮されるのは、羽毛布団の場合です。むしろ、羽毛布団以外の場合は、毛布を掛け布団の下にして寝たほうが保温効果において優れやすいことが多いと言っても良いでしょう。
ただし、毛布の素材によっては、保温性以外の点も考慮し、羽毛布団以外でも上掛けをした方が良い場合もあります。
それは例えば、合成繊維などを使用した吸湿性の低い毛布を、掛け布団の下に使用することで、ムレなどの不快感が生じる場合です。
このように、掛け布団と毛布を一緒に使用する際は、際は寝具の保温性と吸湿性がより効果的に発揮されるように、布団や毛布の素材などを考慮することで、より快適な睡眠を得ることが出来るのです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る