季節の変わり目は合掛け布団を有効活用して快適に眠ろう

suimin

合掛け布団とは

「合掛け布団」とは、主に冬用として使われる「本掛け布団」と夏などに使われる「肌掛け布団」の中間的な綿の量をした布団のことを言います。
合掛け布団と聞くと、「他の布団と一緒に使わなければいけないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には他の布団と同じように一枚で使うことができる布団となります。
主に春や秋など、少し肌寒いけど本掛け布団を使うほどでもないという時期に使いやすい布団と言えるでしょう。

合掛け布団の特徴

春や秋などに使われることの多い合掛け布団ですが、実はオールシーズンにおいて使うことの出来る布団でもあります。
例えば、最近は冬場でもエアコンなどで部屋を暖めたまま寝る人も多いため、本掛け布団ほど厚手のものではなく、合掛け布団ほどの厚さのもので間に合う場合もあります。
また、夏場などでもクーラーなどをつけていたり、タオルケットや肌掛け布団だけでは少し物足りないという方は、合掛け布団を使ってみるのも良いかも知れません。
さらに、合掛け布団は、他の布団や毛布などと併用することで温度調整をしやすい布団でもあります。
肌触りのよいものなどと併用すれば、使用感なども、より自分に合ったものにできるでしょう。

合掛け布団はこんな方にお勧め

合掛け布団は本掛け布団に比べると厚みが薄く、軽量になっているため、特に暑がりの人や汗をかきやすい人、寝相が悪くなりがちで布団を蹴ってしまう人にお勧めの布団となっています。
特に暑がりの人や、汗かきの人にお勧めの合掛け布団でありますが、気温の変化に敏感で他の毛布などとも組み合わせながら保温性を調整したいという方や、大人に比べ比較的に体温が高い小さなお子さんにも使いやすい布団と言えるでしょう。
また、合掛け布団はオールシーズンで比較的使いまわしのしやすい布団であるため、シーズンごとにそれぞれ布団を用意するのが大変だったり、あまり収納スペースを布団に割きたくないと思われている方も重宝する布団ではないでしょうか。

微妙な季節の救世主

日本には四季があるだけにそれぞれのシーズンに適した布団選びをする必要がありますが、
最近は就寝時にエアコンなどで室温を調整する人も増えたため、以前より合掛け毛布を使うメリットが多くなったのかもしれません。
肌掛け布団ほど薄手でもないため、やはり保温性の高さと寝心地の良さのバランスを求める人に適している布団と言えるしょう。
吸湿性に関しては、基本的には中身を包んでいる外側の素材や布団カバーを綿などの天然系のものにすると良くなりますが、その場合ポリエステルなどの合成繊維に比べると布団自体が比較的に重くなりやすいです。
天然の素材の中でもシルクなどは軽く、吸湿性も比較的に優れていますが、お値段が高くなりがちなのと、気軽に洗濯しにくい点などを考える必要があるようです。
また、合掛け布団は中の素材も、羽毛、綿、ポリエステルなど様々な種類があるようですが、本掛け布団や肌掛け布団と同様に、中身によって結構使用感が変わってくるものもありますので、実際に手にとって確かめてみられるといいでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る