夜泣きと違うの?子どもの夜驚症の原因と対処法

suimin

夜驚症とは

子供が睡眠中に突然起きて泣き出す・叫び声をあげる等の恐怖を感じている様な症状が夜驚症と言われる睡眠障害の1つです。
突然起こることなのでその症状を目の当たりにすると親としては驚きと不安感を持ってしまいます、しかし夜驚症は病気ではなく成長に伴い自然に改善される症状です。
夜泣きとは違い発症した場合、話しかけたり抱っこしたりという対処方法も無く自然に治まるのを待つしかありません。

夜驚症が発症する原因

夜驚症の発症についてはまだはっきりと解明されていません子供に発症する理由として考えられているのは、子供はまだ睡眠と覚醒のリズムが発達していないため覚醒がしっかりできないのではとされています。
夜驚症の発症にはなんらかの「きっかけ」が関係している場合もあります、何か「怖い体験をした」「昼間に興奮した」「強い不安感を感じた」等を体験するから発症する原因になりうると言われています。
通常発症するのは3歳~6歳ごろまでとされています、また8歳を超えると症状が自然と改善されます、思春期ごろには脳の睡眠リズムが発達するため症状は無くなると考えられています。

主な症状

夜驚症の症状は入眠後1時間~3時間位の間に発生することが多いです、強い恐怖感を表し汗をかいていたり呼吸が乱れたりします。
この時しっかり起きている様に見えますが話しかけても反応が無いもしくは鈍い反応を示す程度となります。
この症状は数分から十数分で治まります、その後は何事もなかったかの様に再度睡眠に入ります、また翌日は本人に夜中に起きたことを聞いても覚えていません。

対策方法

日常生活において特別な対処を施す必要はありません、しかし特別何か恐怖感を感じるようなことや不安感を感じさせることが思い当たるのであればそれを無くすことで発症の予防になります。
夜驚症の症状が出た場合には落ち着いて見守りましょう、親が驚いて何かしようとしてもどうにもなりません。
しかしこの時に歩きだしたり場合によっては走りだしたりすることもあります、この場合本人ははっきり起きている状態ではないために物にぶつかったり階段から落ちてしまったりという危険が生じる可能性があります、症状が出ている時に無理に止めたりすることは症状を悪化させる可能性があるため避けた方が良いです、事前に危険な物は片づけることを心掛けましょう。
日中は普通に接して下さい、症状が出たからとそれを問いただしても本人は何も覚えていません。
楽しい興奮を感じても夜驚症が発症することがあります、子供はいろんなことに驚きや興奮を覚えます、これによって症状が出ても仕方のないことなので楽しいことを我慢させずに体験させましょう。
夜驚症は症状が出たからと言ってすぐなんらかの治療を行う症状ではありません。
しかし、症状の中で歩いたり走ったりという行動が強い場合や夜中に何度も症状が現れる場合には睡眠障害の専門医に受診されることをおすすめします。

不安を優しく取り除くことが一番

夜驚症は突然発症しその時対処する方法も特別無いので見ている親としては非常に困ってしまう症状です。
特に対処方法が無いということは親と子の関係性が悪いとか育て方に問題があるということが原因ではありません、そのことを心配し子供が夜驚症を発症していることで親が不安感を持っていると子供もそれを感じ取ります、普段通り接して子供に不安感を感じさせないことが大切です。
日中の行動も制限せずに楽しいことは楽しませ、悪い事をすれば叱ることも必要です、それにより多少精神的に興奮しても一時的な症状ですのであくまで普通の生活をおくりましょう。
時間の経過により自然と改善していくので子供が成長するための途中経過だと割り切って見守りましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る