低反発枕の良さはウレタンフォームの密度と反発力で決まる

suimin

ウレタンフォームとは、おもにウレタンに発泡剤やその他の原料を混合することで、発泡・樹脂化させ作られた化学製品のことで、「発泡ウレタン」と呼ばれることもあります。
ウレタンフォームは、「小さな気泡を多く含む弾力性のある素材」で、家具や寝具だけでなく、断熱材や緩衝材、自動車のシートなど様々な製品に利用されています。
分かりやすい例としては、「台所用の洗濯スポンジ」などがあげられるでしょう。
また、ウレタンフォームは、その製法の違いにより密度、硬度、重量の調整が可能で、加工も比較的容易であるという特徴があります。

寝具に使われるウレタンフォーム

ウレタンフォームを使った寝具には、「枕」や「マットレス」などが挙げられます。
ウレタンフォームには大きく別けて、「軟質ウレタンフォーム」と言われるものと、「硬質ウレタンフォーム」と言われるものがありますが、寝具やクッションへの利用は基本的に「軟質ウレタンフォーム」がほとんどとなります。
また、マットレスの素材などで「低反発フォーム」、「高反発フォーム」と言うものもありますが、これらは形成時における発泡の仕方や、原料の配合によって反発力を調整したものになります。
しかしながら、その主成分は一般的なウレタンフォームと同じものであり、例えば「低反発フォーム」などと言う場合は、通常、低反発な「軟質ウレタンフォーム」のことを指していると考えて良いでしょう。

密度と反発力について

「密度」、「反発力」は、ウレタンフォームの品質や機能性を見るための主な目安となります。
特に、密度に関しては、ウレタンフォームの品質を見極めるための大きな基準であり、基本的には、より密度の高いウレタンフォームほど、耐久性が高く、価格も高くなっていきます。
また、反発力は、ウレタンフォームを素材とした製品の使い心地などに関わるものですが、密度の場合とは異なり品質や価格により直接的に影響を及ぼすような要素ではありません。
ただし、マットレスなどの場合、極端に反発力の低いまたは高いウレタンフォームを素材としたものを選ぶと、人によっては寝づらさや、腰痛などの原因となってしまうことがあるので注意が必要です。
ちなみに、ウレタンフォームの「密度の高さ」と「反発力の強さ」は必ずしも比例するものではなく、むしろ原材料や製造の方法によってそれぞれ決まってくるものであります。

まとめ

製造の方法や加工の仕方によって、様々な機能性を持たせることが出来るのがウレタンフォームの大きな特徴です。
ウレタンフォームを使用した寝具には「低反発マットレス」や「高反発マットレス」などのマットレスがありますが、これらは原材料や製造の方法によってそれぞれ反発力が調整されているだけで、基本となる素材がウレタンであるという点では変わりはありません。
ただし、先に書いたように、ウレタンフォームを使用したマットレスはその「密度」や「反発力」でその使用感や機能性、品質が変わってくるので、その点は気をつけなければなりません。
製品によってはウレタンフォームの密度が数値化されているものもあるので、それぞれ比較の参考にされると良いでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る