低反発マットレスのメリットとデメリットは?効果や手入れの注意点

suimin

低反発マットレスとは、NASAが開発した反発力が低いスポンジ・ウレタン素材を使用したマットレスのこと。特徴は圧力がかかるとゆっくり沈み、その後ゆっくり戻る素材でできているため、圧力や衝撃の吸収や分散に優れています。

低反発マットレスの特徴

低反発マットレスは、反発力の少ないスポンジ・ウレタン素材を使用しており、程よく体が沈むため 体の形にフィットするという特徴があります。体の体重が均等に分散されるので、睡眠中に体が受ける負担を解消してくれます。肩こりや腰痛など体の痛みの対策として効果が期待でき、眠りの質を上げて安眠効果をもたらすとされています。
しかし、低反発マットレスが全ての人の体に合うとは言えません。低反発が合わないのに使い続けたり、間違った使い方を続けていると、逆に肩こりや腰痛を発症したり、睡眠障害を引き起こすこともあります。

低反発マットレスのデメリット

中には低反発の素材が体質や寝姿勢に合わない人もいます。「柔らかすぎて腰を痛める」という声も。低反発マットレスで適切な睡眠姿勢を取れない人にとっては、低反発マットレスが柔らかすぎて必要以上に体が沈み込んだ状態での睡眠は肩こりや腰痛の原因となります。低反発マットレスが合わないと思われる方は、高反発マットレスがオススメ。寝具は自分に合ったものを選ぶのが一番ですので、いろいろ試して購入することが必要です。合わない低反発マットレスを使用し続けると、肩こりや腰痛、睡眠障害などの症状を引き起こす可能性があるので注意しましょう。
低反発素材のデメリットは、通気性の悪さと耐久性のなさ。通気性が悪いので、熱がこもりやすく、夏は寝苦しさを感じるかもしれません。また使用環境や用頻度、体重によって寿命は異なりますが、耐久性は弱く、特に安価な低反発マットレスはすぐに反発力が弱まってしまう商品もあります。

低反発枕と高反発枕の違い

低反発素材が人気となった後に世間に登場した高反発。低反発とは反対に、反発力の強いウレタン素材が使用されています。低反発に比べて硬さがあり、軽く耐久力があります。低反発同様 頭を乗せると沈みますが、低反発とは異なり 形が元に戻ります。また通気性に優れているため、夏でも使い心地が良いメリットがあります。
高反発マットレスは通気性と耐久性という低反発にないメリットを持っています。しかし、どちらがいいのかは一概には言えず、その人の寝姿勢や好みによります。

まとめ

低反発マットレスは、反発力が低いスポンジ・ウレタン素材を使用したマットレスのこと。圧力や衝撃の吸収や分散に優れており、程よく体が沈むため、体の形にフィットします。体が受ける負担を解消することで、肩こりや腰痛対策にも効果があります。さらにそれによって、安眠効果をもたらすとされています。
低反発マットレスのデメリットは、人によってはマットが柔らかすぎて、腰を痛めてしまう場合があることです。また、低反発マットレスは通気性が悪く、耐久性が弱いというデメリットもあります。寝姿勢や好みによっては高反発マットレスの方が合う場合もありますので、寝具選びの際は色々試してみるのがいいでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る