ベッドパッドを賢く活用して快眠美人に

suimin

ベッドパッドとは、ベッドマットの上に敷くきわめて薄いふとん。上にシーツを敷いて使い、マットレスを汗などによって汚れるのを防いだり、ベッドの厚みを調整する役割を持ちます。

ベッドパッドの特徴

前述したとおりベッドパッドは、マットレスのすぐ上に敷いて使用するベッド用品。洗濯ができないマットレスを汗や汚れから守る役割を果たします。さらに、ベッドの厚みを調整して寝心地を良くする役割も持っています。

さまざまな素材のものがあり、素材によって値段や特徴が大きく異なります。綿でできたベッドパッドは比較的安価で、肌触りが心地良く吸湿性に優れていますが、発散性が悪いため定期的に洗濯する必要があります。発散性に富んでいる素材としては、ウールや麻のベッドパッドも吸湿性や発散性に優れており、夏場に適しています。素材の高級感を味わいたい方には、キャメルのベッドパッドがおすすめ。高価ですが、他の素材よりもはるかに吸湿性、発散性に富んでいます。なお、ベッドパッドの中で最も安価なものはポリエステル製です。ポリエステル製のベッドパッドは丸洗いができるメリットがありますが、吸湿性が他の素材より悪く、カビが発生しやすいため注意が必要です。

ベッドパッドの種類

ベッドパッドには、マットレスに汗を浸透させないための汗取り用と、厚みのある寝心地調整用の2つのタイプがあります。どちらか一方または、両方を組み合わせて使います。

汗取りタイプのベッドパッドは汚れ防止のために欠かせません。寝ている間の汗を吸収し、汚れたら取り外して洗濯機で丸洗いが可能です。調整用のベッドパッドは、スプリングの当たりが気になる場合などにベッドマットレスの上に重ねることで、寝心地が改善されます。素材はウレタンやラテックスなどが主。丸洗いはできないので、汗取りタイプとの併用がおすすめです。

ベッドパッドの洗い方

洗濯機で洗えるものは、抗菌効果のある洗剤や柔軟剤を使うと清潔な仕上がりに。柔軟剤には、肌ざわりがよくなるだけでなく、防臭効果・抗菌効果があるものもあるので、目的に合わせて使いわけます。洗濯機のサイズに合わせて、タテ・ヨコの順に折り、汚れている部分を外側にして大きめの洗濯ネットに入れて洗濯すると良いでしょう。洗えない時には、除菌・消臭スプレーがオススメ。

まとめ

ベッドパッドとは、ベッドマットの上に敷くきわめて薄いふとんで、上にシーツを敷いて使います。洗濯ができないマットレスを汗や汚れから守る汗取り用と、ベッドの厚みを調整して寝心地を良くする寝心地調整用があり、ニーズによって選択もしくは組み合わせて使います。さまざまな素材のものがあり、綿でできたベッドパッドは比較的安価で、吸湿性に優れていますが、発散性が悪いため定期的に洗濯する必要があります。麻やウールは発散性に富んでいる素材。キャメル素材は高級感を味わいたい方にオススメです。最も安価なものはポリエステル製。ポリエステル製は丸洗いができますが、吸湿性が悪くカビが発生しやすいため注意が必要。ベッドパッドには、寝ている間の汗を吸収し、汚れたら取り外して洗濯機で丸洗いが可能な汗取りタイプと、寝心地が改善される寝心地調整タイプがあります。ニーズによって組み合わせて使います。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る