ダブルサイズってどれくらい?身長ごとに比較!

suimin

ダブルサイズとはベッドや布団のサイズを示す言葉。セミダブルより一段階広く、クイーンより小さいサイズで、幅は約140センチ。シングルベッドの2倍ではなく、あくまでサイズの指標として用いられます。

覚えておきたいベッドサイズ

ベッドのサイズは大きく分けて5種類あります。一般的な1人用のシングルサイズ、ゆったり1人で寝たい人にオススメのセミダブルサイズ、2人用のダブルサイズ、ゆったり2人用のクイーンサイズ、親子3人で寝ることも可能なキングサイズです。
シングルサイズは幅97センチ、セミダブルサイズは120センチ、ダブルサイズは140センチ、クイーンサイズは160センチ、キングサイズは180センチです。

ダブルサイズはここが便利

ダブルサイズは、身長160センチの大人が2人寝ることが可能なベッド、もしくは布団サイズです。一般的には、2人用とされていますが、シングルサイズやセミダブルだと窮屈な人の1人用にもちょうど良いサイズです。ホテルなどのダブルルームは、ダブルベッドではなくキングサイズやクイーンサイズが使われていることも多いようです。
一般的に普通体系の日本人カップルであれば、ダブルサイズで十分ですので、1つの指標として非常に便利です。また、シングルサイズが窮屈な人にとって選択の幅ができます。
さらに、家具が多い家や寝室のスペースがない時にダブルサイズが便利。2つのシングルベットやキングサイズやクイーンサイズのベッドを置くには狭い空間に配置し、家具などのレイアウトを自分好みにすることができます。

ダブルベッドを購入する際の注意点

シングルベッドの場合、よほど小さな寝室でない限りほとんど全ての部屋に置くことができますが、ダブルベッドを購入するなら寝室の大きさを鑑みて検討することが必要です。平均的なダブルベッドであれば、6畳の広さが必要。ただし、その他の家具のレイアウトのシュミレーションが必須です。8畳以上の寝室であれば配置に困ることはほぼないといえます。より快適で安心できる寝室作りを実現してください。
また、寝室まで搬入できるかというのも注意していただきたいところ。いざ自宅に搬入しようとして入らない、という事態に陥らないように事前に搬入経路の確認が必要です。2階以上の建物の場合、エレベーターに入るかどうか。階段ならば踊り場でベッドを回転させることが可能かどうか。玄関の扉、部屋の扉から入れることができるかどうか。これらの経路はしっかりサイズを測り、方法をシミュレーションしておく必要があります。

まとめ

ベッドや布団のサイズには、一般的な1人用のシングルサイズ、セミダブルサイズ、2人用のダブルサイズ、クイーンサイズ、キングサイズの5種類あります。ダブルサイズは、シングルベッドの2倍ではなく、幅は約140センチ。一般的な日本人カップルにちょうど良いサイズであり、シングルやセミダブルが窮屈な人の1人用ともされます。家具が多い家や寝室のスペースがない時にダブルサイズを置くことで、家具などのレイアウトを自分好みにすることができます。購入の際には、寝室の広さと寝室までの搬入経路をしっかりシミュレーションすることが必要です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る