ダウン率とダウンパワーを知って羽毛布団を上手に使うコツ

suimin

羽毛布団とは、その中綿の素材のうち50%以上に水鳥の胸元から採られたダウン(綿毛)を使用した布団のことを言います。

非常に軽量でクッション性に優れ、高い保温性、保湿性を持つダウンを使用した羽毛布団は、快適な睡眠を求める多くの人たちから根強い人気を得ている寝具でもあります。

特に、中綿に良質なダウンを90%以上使用した羽毛布団の寝心地は、他の種類の布団では実現できないものがあります。

羽根布団との違い

羽毛布団とよく比較されるものに羽根布団がありますが、羽根布団とは、その中綿の素材の50%以上に水鳥から採られたフェザー(羽根)が使われているもののことを言います。

水鳥から採られた素材を使っている点では同じですが、主にダウンを中綿に使用する羽毛布団と、フェザーを主な中綿の素材とする羽根布団では、その使用感に大きな差があり、また、一般的には羽毛布団の方が羽根布団よりも価格が高くなっています。

その理由は、ダウンの方がフェザーよりかさ高く、よりたくさんの空気を含むので保湿性や保湿性に優れており、また羽の芯が無いこともあり軽量性においても優れているからです。価格の差に関しては、ダウンの方が一羽の水鳥から取れる量が少ないこともその理由として挙げられます。

良質な羽毛布団とは

一口に羽毛布団と言っても、その使用感や機能性は製品によって実に様々なものです。
しかしながら、より良質な羽毛布団はその他のものと比べると、以下のような点で異なってきます。

ダウンの種類

羽毛布団に使用されるダウンの種類には大きく、グース(ガチョウ)とダック(アヒル)の二つがありますが、寝具の素材として両者は主に「ダウンボール」に違いがあります。

ダウンボールとは、たんぽぽ状になっているダウンの一つ一つを指す言葉で、このダウンボールが大きいほど「かさ高さ」が生まれ、お布団のクッション性、保温性が良くなります。

一般的には、グースのダウンボールの方がダッグのものより、大きく、崩れにくいという特徴を持っているため、良質な羽毛布団に使用されることが多くなります。

ただし、ダッグの中にも「アイダーダッグ」などの高級品種もおり、必ずしもダッグのダウンが低級のものとなるわけではありません。

ダウンパワー

良質の羽毛布団のダウンは弾力性に優れており、また、同じ重さのダウンと比較しても体積が大きく、よりたくさんの空気を含みやすいという特徴をもっています。

ダウンパワーとは1グラムあたりの、ダウンの体積の大きさを表すもので、このダウンパワーが大きいほど、ふくらみが良く、弾力性や保温性に優れたダウンであるということになります。

また、羽毛布団のメーカーによっては、ダウンパワーを自社製品にラベルなどで表記しているところもあります。

ダウン率

羽毛布団の中綿にはダウンとフェザーが使用されていますが、ダウン率とは、羽毛布団などの中綿に含まれるダウンの比率を表したものです。

よりダウン率の大きいものの方が、クッション性や保温力、保湿性に優れ、特にダウン率が90%以上のものは、「羽毛本来の快適さ」を感じることができる布団になります。

側生地

羽毛布団の品質を決める要素は中綿だけではありません。もし良質なダウンなどが使われていたとしても、それを包む側生地の使用感や機能性が良くなければ、十分に中綿の特性を活かしきることができないためです。

そのため側生地の素材には、特に通気性や吸湿・発散性などが求められますが、肌触りやフィット感、また布団の重さなどもこの側生地の素材によって変わってきます。

羽毛布団の側生地の素材としては、天然繊維であれば綿、合成繊維であれポリエステルなどが多く使われます。合成繊維は耐久性や軽量性などにおいて優れる点をもっていますが、中綿の特性を活かすという意味では、やはり、吸湿性・発散性に優れやすい天然繊維を使用したものの方が良いでしょう。

まとめ

羽毛布団は、様々な布団の中でも、使用感や機能性に優れ、非常にバランスの取れた特性をもつ布団であります。

羽毛布団を選ぶ際は、「ダウン」や「側生地」が大きなポイントになりますが、これは、いずれにしても羽毛布団のメリットである「保温性」、「吸湿・発散性」、「クッション性」が活かされているものを選ぶためです。

側生地に関しては、羽毛布団の中綿の特性を活かしやすい、天然繊維のものをおすすめしましたが、合成繊維との混紡で、両繊維のメリットが上手く活かされたものもあり、決して合成繊維を使ったものが悪いと言う訳ではありません。
また、羽毛布団の性能は中綿の「キルティング」の仕方によっても変わってきますし、肌触りやフィット感に関しては、側生地の「織り方」によっても異なってきますので、そのあたりにも気にされてみると良いでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る