ソフトフェザー寝具のメリットとデメリットは?素材別にみる通気性と保温効果

suimin

ソフトフェザーとは、羽根素材(フェザー)から羽軸を取り除き柔らかい感触にした素材です。衣類や寝具の中綿として多く用いられています。

温かくて通気性抜群、そして柔らかいソフトフェザー

フェザー素材は、アヒルやガチョウなどの水鳥の羽根を採取したもので、水鳥の胸部から採れる羽毛(ダウン)と共に、ジャケットやコートなどの衣類、布団や枕な中綿などに多く用いられています。フェザーはダウンとは異なり、羽根の芯があるのが特徴。ダウンやフェザーは保温性が高く、この2種類の素材を適度に混ぜることで柔らかく型崩れしない製品を作ることができます。
ソフトフェザーとは、このフェザー素材をクラッシュさせて羽根の固い芯の部分である羽軸を取り除いた素材のことを言います。クラッシュさせることで羽軸のチクチクした感触がない、羽毛に近いフワフワした感触のフェザー素材となります。保温性や通気性をそのままに、ダウンのような柔らかさを持つのが特徴です。最近はこの特性から、衣類や寝具以外にも、ハーネスなどペット用品に使われることも多いようです。

ソフトフェザー使用の寝具で安眠生活

前述したように、ソフトフェザーはアヒルやガチョウなどの水鳥から取れる羽根から固い羽軸を取り除いて羽毛に近い感触に仕上げたもの。したがって、羽根の通気性に加え、フワフワした柔らかさがプラスされます。安眠できる寝具にぴったりな素材と言えるでしょう。
ソフトフェザーを使った寝具の魅力はなんと言っても通気性と柔らかさ。羽毛と違い空気を通すので布団の空気がこもることがなく、匂いが気になることがありません。さらに、空気をたっぷり含んでいるため暖かく軽い布団に仕上がります。また、柔らかく適度に弾力性があるので、枕にもぴったり。ソフトフェザー素材の布団や枕を使うことで、あなたの睡眠の質がより良いものとなるでしょう。

ソフトフェザーを使った寝具のデメリット

ソフトフェザー使用の寝具のデメリットは、洗濯には注意が必要という点です。ダウンやフェザー素材は水に濡れると本来の通気性や保湿性を失ってしまいます。また、水濡れによって型崩れしてしまう特性を持ちます。ソフトフェザーの製品は基本的に水洗いをせず、汚れや匂いが気になる場合はドライクリーニングを。お手入れとしては、月に2~3回風通しの良いところで陰干しをしましょう。部分的に汚れてしまった場合は、中性洗剤を薄めて汚れの部分をたたくようにし、よく乾かします。

寝心地と保温性で寝具を選ぶ

ソフトフェザーは、羽根素材であるフェザーから固い芯の部分、羽軸を取り除いたもの。羽軸の感触がないので羽毛に近く、フワフワと柔らかい感触。衣類や寝具、ペット用品によく使用されています。フェザーの特色である軽さや通気性はそのままであるため、特に枕や布団に最適。通気性と柔らかさを兼ね添えたソフトフェザーの寝具は安眠効果を得られるアイテムとして人気が集まっています。

注意すべきは洗濯。水洗いには適していないので、気になる時はドライクリーニングを。月に2~3回陰干ししてお手入れするのが良いでしょう。洗濯にさえ注意すれば、ソフトフェザーは、あなたに質の良い睡眠を届けてくれる必須アイテムとなるでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る