セミダブルとダブルの違い

セミダブルとは、主にベッドのおよその寸法を示す言葉で、一般的には横幅が120cm前後、縦幅が195cm前後のベッドのことを指すことが多いです。
ただし、縦幅に関しては、セミシングル、シングル、ダブルなど他のサイズのベッドと共通していることもあります。

ダブルサイズとの比較

ベッドのサイズを選ぶ上で、シングルサイズとダブルサイズでは、一人用と二人用というようにその比較がし易いものですが、セミダブルサイズとダブルサイズとなるとどちらを選べば良いかよく分からないという方もいるのではないでしょうか。
もちろん、セミダブルサイズとダブルサイズのベッドでは、ベッドの大きさは異なってきます。具体的には、横幅が120cm程度となるセミダブルサイズに対し、ダブルサイズは140cm程度と、両者の横幅には約20cmほどの差があります。
それでは、横幅の大きさ以外にもセミダブルサイズとダブルサイズの間には何か違いがあるのでしょうか?
サイズ以外の点で、多くの場合セミダブルサイズとダブルサイズの比較において言われるのは、一人用として使用するか二人用として使用するかという点です。
ダブルサイズの場合、二人用としての使用が一般的ですが、セミダブルサイズの場合は、シングルサイズの横幅では足りないという方に一人用として選ばれることも多くなります。

セミダブルサイズは二人用としても使えるか?

一人用として選ばれることも多いセミダブルサイズのベッドですが、二人用としても使うことはできるのでしょうか?
結論から言うと、セミダブルサイズでも二人用として使用する事は可能であります。ただし、セミダブルサイズのベッドの横幅は120cm程度で、一般的なシングルサイズベッドの横幅(100cm前後)と比べてもおよそ20cmほどしか差がありません。
シングルサイズの場合でも、少し大柄の大人の男性が使用すると窮屈に感じてしまうということを考えると、それと20cmほどしか差が無いセミダブルサイズのベッドに大人が二人寝るというのは、ほとんどベッドの余裕が無くなってしまうことになります。
したがって、二人用のベッドとして、ある程度広さがあり、寝返りがうちやすいものが良いという方はやはり、ダブルサイズ以上のベッドを選ばれることをおすすめ致します。

セミダブルサイズはこんな方におすすめ

先ほど書いたように、セミダブルサイズのベッドは二人用としては、割と窮屈なものになってしまいますので、「基本的には一人用としての使用」をおすすめ致します。
一人用のものですと、セミダブルサイズ以外に、シングルサイズや、それより一回り小さいセミシングルサイズというものもありますが、セミダブルサイズは特に「シングルサイズのものより、もう一回り大きいベッドが良い」と考えられている方におすすめのサイズとなります。
シングルサイズも一人用としては、十分使うことのできる大きさではありますが、人によっては多少余裕の無さを感じてしまうこともあるようです。
セミダブルサイズであれば、横幅が20cmほどシングルサイズのものより広くなりますので、一人用としてはかなりスペースに余裕のあるサイズであると言えるでしょう。

まとめ

ベッドの広さは寝返りのうち易さだけではなく睡眠時の心理的な開放感にも関わるものです。広さに余裕のあるベッドを使うことはよりリラックスした睡眠環境を整える上で、一つの大切な要素と言えるでしょう。
一人用のベッドにはシングルサイズ以外にもさらに小さいセミシングルサイズと言われる大きさのものもありますが、睡眠時の快適さだけで比較するならば、やはりセミダブルサイズの方が数段上になります。
ただ、一人用としてはセミダブルサイズは広い分、比較的部屋のスペースを割いてしまうことになります。もちろん、部屋の広さに余裕があるなら問題ありませんが、メーカーなどによっては寸法が一般的な基準より多少大きいものもありますので、一人暮らし用のマンションやアパートなどであまりスペースに余裕がなければ、購入前に必ず寸法を測るようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る