シーツをつけないでそのまま寝るとどうなる?

suimin

シーツとは、敷布団やマットレスなどを覆うための布のことを言います。

また、シーツの素材には、植物や動物から採取された天然繊維や、ポリエステルやアクリルといった合成繊維が使用されます。

シーツの役割

シーツの主な役割は、布団やマットレスなどが汚れたり傷つかないように保護することと、汗などの水分を吸収したり発散させることで、快適な睡眠状態を保つことです。

また、シーツはその素材によって様々な使用感や機能性を持つものであります。使用感に関しては、柔らかなものや滑らかなもの、パリッとしたもの、または冷涼感や温かさのあるものながどがありますが、ご自身のお好みのものを選ばれることで、より入眠しやすい環境をつくることができるでしょう。

ただ、シーツの素材によっては吸湿・発散性が低く、入眠後に身体に熱がこもったり、ムレが生じ
やすいものもあります。特に、合成繊維を使用したシーツでは、使用感が良く感じるものも多いですが、一方で、吸湿・発散性が低くなりやすい傾向もあります。

入眠時だけではなく、全体的な睡眠の質を確保するためにも、使用感だけではなく、このようなシーツの機能性も含めて考えなければならないでしょう。

シーツの種類

シーツは一緒に使う寝具に合わせて、以下のような種類があります。

フラットシーツ

主に敷布団などに使われる、一枚布のシーツです。ベッドなどでも使われます。

日本でも昔から使用されているタイプのシーツで、製品のライナップも多く、価格も安いものから高いものまで様々なものがあります。また、布団カバーに比べ、着脱がしやすく、基本的にゴムやファスナーが付いていないため洗濯も比較的にしやすくなっています。

また、シーツの形状が固定されているボックスシーツとは違い一枚布なので、敷布団やマットレスの大きさが多少違っても、ぴったりと包むことが出来ます。

ボックスシーツ

主に、マットレスなど厚みのあるものに使われる箱型のシーツです。マットレスなどに固定するために、底面にゴムが入っています。

フラットシーツと同様に、様々な製品が販売されており、着脱もしやすくなっていますが、シーツの形状が固定されているため、マットレスの大きさによっては、マットレスをぴったりと包むことが出来なかったり、大きさが合わなければ別のボックスシーツを用意しなければいけない事があります。

また、ボックスシーツと同様に、底面に固定用のゴムが入っているワンタッチシーツと呼ばれるものもありますが、これはベッドなどの厚みのあるマットレスのためのものではなく、主に薄めの敷布団に使われるものであるであると考えてよいでしょう。

敷布団カバーについて

シーツとは別に敷布団カバーと言われるものもありますが、これは、敷布団全体を袋状に包み、ファスナーなどで閉じるタイプのもので、シーツと比べると包んだままでお布団の出し入れがし易いといったメリットがあります。

快適睡眠のために1枚挟む

シーツは掛け布団や毛布などと同様に、寝具の中でも就寝時に長時間、肌に触れているものなので、その使用感や機能性は、睡眠の快適さに大きく関わってくるものであります。

また、せっかく通気性や吸湿性の良い敷布団やマットレスを選んでも、シーツの機能性があまり良くなければ、敷布団やマットレスの本来のメリットが活かせなくなってしまう場合があります。

ですので、シーツを選ぶ際には、その価格だけではなく出来るだけ素材の方にも着目することをおすすめ致します。素材によって、シーツの使用感や機能性は大きく変わってくるからです。

また、日々の洗濯もシーツを使っていく上での、重要な点になります。特に、衛生の面には気をつけなければいけません。

一般的に、成人の方が一晩にかく汗の量はコップ一杯程度と言われていますが、もし、一ヶ月に一回程度しかシーツを洗わないのであれば、これらの大量の汗は酸化し、臭いの原因となるだけではなく、見えないカビや細菌を繁殖させることになってしまうのです。

洗濯の際は、何回かに畳んだシーツを痛まないように洗濯ネットに入れ、洗濯表示に従い、出来れば柔軟剤などは使わずに洗濯すると良いでしょう。柔軟剤を使わない理由としては、柔軟剤に入っている界面活性剤がシーツに付くことで、シーツの吸湿性が悪くなってしまうことがあるからです。

いずれにしても、洗濯はシーツを使う上での大きなポイントとなりますので、是非、日頃から心がけられてみて下さい。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る