シングルサイズベッドの選び方

シングルサイズとは、主にベッドのおよその寸法を示す言葉で、一般的にはシングルサイズと言うと、横幅が100cm前後、縦幅が195cm前後のベッドのことを指すことが多いです。

ただし、縦幅に関しては、セミシングル、セミダブル、ダブルなど他のサイズのベッドと共通していることもあります。

ベッドのサイズ選びについて

ベッドのサイズは快適な睡眠を得るための一つの大切なポイントとなりますが、店舗などでベッドを購入する際、見た目だけでなんとなく大きさを判断し、選んでいる方もいるようです。

しかし、実際に家で使用してみるとイメージしていたより小さく窮屈に感じてしまうことや、逆に大き過ぎたということも意外とあるものです。

シングルやダブルと言ったベッドのサイズ規格は、メーカーによって多少の違いはありますが、自分に合ったベッドを選ぶための客観的な目安としては、まず最初に参考にすべきものでしょう。

シングルサイズと他のサイズの大きさの比較

ベッドのサイズにはシングルサイズ以外にも、様々な種類があり、一般的なものでは横幅の小さいものからセミシングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングなどのサイズが他に挙げられます。

具体的な横幅のサイズとしては、「セミシングルが85cm前後」、「セミダブルが120cm前後」、「ダブルが140cm前後」、「クイーンが160cm前後」、「キングが180cm前後」となり、サイズの呼び方が変わるごとに、およそ15~20cmずつ異なってきます。

以上のサイズの中ではシングルサイズ(横幅100cm前後)は、セミシングルとセミダブルの間に位置するものとなります。

シングルサイズはこんな方におすすめ

シングルサイズは、一般的には大人が一人寝るための基本となるサイズです。

ベッドには、寝返りをうっても落ちてしまわない程度の横幅が必要となりますが、シングルサイズは仰向けで寝たときにおよそ左右にそれぞれ15~20cm程度の余裕があります。

15~20cmというと寝返りをうつためのスペースとしては決して広いとは言えませんが、多少身体の向きを変えても、ベッドから転げ落ちるということは無い程度の広さであると言えるでしょう。

ただ、寝相があまりよくないという方や、体型が大きめの方だとシングルサイズは少し窮屈に感じてしまうこともあります。

以上のような点を踏まえますとシングルサイズは、一人用として使用を考えており、そこまでの広さを求められていない方などにおすすめできるベッドの大きさとなります。

まとめ

シングルサイズは一人で使用するのであれば、およそ不自由しない程度の大きさとなります。ベッドの購入を検討される方は、まずシングルサイズのものを基準とし、検討されてみると分かりやすいでしょう。

様々なベッドのサイズの中でも、ベーシックな大きさとなりますので、ベッド本体や関連製品のラインナップも多く選択の幅が広いという点や、大き目のベッドに比べるとさほど部屋のスペースを割かないで済むというのもシングルサイズの特徴の一つと言えるでしょう。

ただし、シングルサイズの横幅よりもう少し大き目のものが良いという方は、セミダブルのベッドの方も検討されてみると良いでしょう。

横幅ではなく縦幅が足りないという方には、シングルロングという縦幅が10~15cmほど長いサイズのベッドもおすすめ致します。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る