サテン地とシルク地の違い

suimin

サテン地とは、絹や綿、などの天然繊維、ポリウレタンやナイロンやなどの化学繊維の糸から作られる生地のことを言います。また、サテンとは生地の織り方の事を指すもので、日本語では本朱子織(しゅすおり)という言葉で呼ばれることもあります。

サテン(朱子)織は、平織りや、綾織に並ぶ代表的な生地の織り方のひとつになります。

サテン地の特徴

サテン地の大きな特徴となるのが、「なめらかで、ツルツルとした肌触り」と、「美しい光沢」です。

なぜ、同じ素材を用いてもこのように使用感や見た目の差が生じるかと言うと、一般的な平織りが縦糸と横糸を交互に均等な割合で織るのに対し、サテン織りは縦糸が表面に多く出るように縫っているためです。

このような特徴からサテン地は、高級感を出すためのドレスや肌触りのよいパジャマ、寝具であればシーツや、枕カバーなどに多く使用されています。

また、使用する繊維の種類によってもその光沢の具合が微妙に変わってくるのもサテン生地の面白いところではないでしょうか。

サテンとシルクの違いについて

シルク=絹とは蚕(かいこ)という幼虫のまゆから作られた動物繊維の糸や生地のことを指しますが、シルクはよくサテンと混同されることがあります。

しかしながら、上の方にも書いたようにサテンは生地の「織り方」の事を指すものであり、シルクは「繊維素材」であるということから、そもそも両者は比較されるものではなく、同義語でもありません。

以前はサテン生地といえばシルクを用いたものがメインであったため、同一視されるようになったのではないかと思われます。ちなみに、厳密にはシルクを用いたサテン生地のことをシルクサテンと呼びます。

現在では、サテン生地には化学繊維が用いられることも多くなっていますが、パッと観ただけではシルクなどを用いた天然繊維のもとその区別がつかないこともあります。

ちなみに、化学繊維を用いて作られたサテン生地のことを化繊サテンと呼んだりします。

サテン地の注意点など

平織りされた生地などに比べ、「滑らかな肌触り」や「光沢」に優れているサテン地ですが、摩擦や引っ張りなどに対する耐久性が低く、扱いに注意しないと破れたり、生地が変質してしまうといった難点があります。

また、素材によって多少異なりますが、肌触りに優れる分、保温性や吸湿性など生地の機能性が低くなりやすいといったデメリットもあります。このため、夏冬など気温の高低がある季節では、寝具や衣類の素材としては、他の織り物に比べやや使いにくいものであるように思われます。

まとめ

もともと、日本は気候の面などから、寝具には綿やガーゼなどが好んで使われていましたが、最近では、生活様式の変化や海外製品の流入などをきっかけに、サテン地を用いたものも多くなっています。

優雅な光沢と、肌触りの良さが特徴となるサテン地は高級寝具などにも用いられています。ただ、やはり保温性や吸湿性など、その機能性の面では他の生地に劣るところがあり、耐久性の面においても非常にデリケートなものになっています。

また、そのような理由から洗濯をしたりアイロンをかける際は、取り扱いに注意しなければなりません。

洗濯の際は、洗濯表示を読んだ上で、ネットに入れ洗濯しましょう。脱水は弱めにします。
アイロンをかける際は、サテン地の素材によっては、高熱で変質したり溶けてしまう場合もあるので、温度を弱めに設定し、当て布をしたり、生地の裏側からかけましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る