ウールケットの使い心地と洗濯方法

suimin

ウールケットとは、羊の毛を材料にして作られた、毛布のことを言います。
ウールケットの素材となるウールは、セーターやマフラー、靴下など他の様々な製品にも使われています。
また、ウールそのものにも様々な種類があるので、その種類によって微妙にウールケットの使い心地も異なってきます。

ウールケットのメリット

ウールケットの最大の特徴は、「そのふんわりとした肌触りと、あたたかな保温性」です。これは、ウールケットの素材となっているウール繊維の性質に由来するものです。
ウールケットの素材であるウール繊維は他の天然素材にはない独特の縮れをもっているのですが、この縮れが絡み合うことで心地の良い弾力性と断熱性が得られているのです。
また、このウール繊維は汗などの水分を吸収し、放出する機能も持っています。つまり、ウールケットは肌触り、保温性に優れているだけではなく、「高い吸湿性も持ち合わせている」のです。
ウールといえば、セーターやマフラーの素材となることも多いため、冬物だというイメージを持っている人もいるようですが、サマーウールという言葉があるように、ウールケットは夏場でも使える優れものなのです。
「冬は暖かく、夏は涼しい」というのがウールの大きな特徴であり、メリットであると言えるでしょう。

ウールケットのデメリット

ウールケットのデメリットとして主に挙げられるのは、「縮みやすい」という点です。
ウールケットは、ウールを素材としているため、水などで洗うと硬くなり、縮んでしまう(フェルト状になってしまう)のです。
また、日光などの刺激や害虫などにも気をつけなければいけません。
(上の点も含め、このあたりが、合成繊維で作られているアクリル毛布との違いになります)

ウールケットの洗濯の仕方

ウールを素材とするウールケットは、家庭で洗う際には、縮まないように気を使わなければなりません。(あまり自信の無い方などは基本的にはクリーニング屋さんにお願いするのが無難と言えます)
ウールケットを洗濯するためには、ぬるま湯を使い、洗剤は必ず”中性のもの”で、さらにできれば液体のものを使いましょう。
これは、ウールケットが天然素材で出来ており、アルカリ性の洗剤に浸すと繊維のたんぱく質が溶け出してしまうからです。粉洗剤を使わないのは、ウールケットの場合洗濯後に繊維に粉が付着しやすくなるからです。
洗い方としては、洗濯機ではなく、浴槽などで出来るだけ動かさないように、薄めた洗剤で数分間つけ洗いをすることをおすすめします。(擦ったり、動かすと縮れが起こるためです。)
つけ洗いが終わったら、同じ要領で綺麗にすすぎを行い、直射日光の当たらない日陰に乾して
洗濯は終了です。

まとめ

天然素材である羊の毛で作られており、使用感と機能性にも優れているのがやはりウールケットの大きな特徴と言えます。
ウールケットには温かさを重視した厚手のものから、夏にも使えるような薄手のものまであります。
また、素材もウール100%のものだけではなく、絹やナイロンなどとの混紡のものもあり、その他の加工なども含めるとその使用感は多様なものになっています。
中には、他のタオルケットと比べると非常に高価なものもありますが、その分、使い心地も素晴らしいものになっています。
ウールケットは天然素材なだけに、メンテナンスにも気をつけながら、大切に使っていきたいですね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る