ウッドスプリングベッドの寝心地と比較

suimin

ウッドスプリングベッドとは、床の部分が木製ですのこ状になっており、さらにすのこ部分の木の一枚一枚がアーチ状となっているベッドです。

通常、ウッドスプリングは、他の一般的なベッドなどと同様にその床部にマットレスを置くことによって使います。

睡眠時の姿勢について

睡眠時の姿勢は睡眠の質に大きく関わると言われています。もし、睡眠時の姿勢があまり良いものでなければ、睡眠の質は落ちてしまい、さらに少しずつ身体に負荷がかかることで、知らないうちに腰痛や肩こりといった症状を抱えてしまう場合もあります。

それでは、理想的な睡眠時の姿勢とはどのようなものなのでしょうか?

睡眠時の姿勢を良くする方法としてよく言われるのは、寝姿勢を立っているときの姿勢に近づけるということです。なぜ、立っているときの姿勢が良いかと言いますと、その状態が背骨が無理の無い自然な曲線を描くことできるからです。

このような理想的な睡眠時の姿勢を保つには、寝具にある程度の柔軟性や体圧分散性が必要となってきます。(また、寝返りをサポートするためには適度な反発力も要ります。)

悪い例として、何も敷いていない硬い床などに寝たときは、身体のラインが崩れ、ところどころで背骨が不自然に曲がった状態となるのが分かると思います。
また、このとき身体の一部、特に出っ張っている肩甲骨や臀部のあたりに体圧が集中している状態となっています。

これは、硬すぎるマットレスを使った場合にも言えることです。

このような状態では、無意識に姿勢を修正しようとして寝返りをうつ回数が多くなることで睡眠の質が低下したり、体圧が集中している腰や首、肩の部分の血行が悪くなることになります。

ウッドスプリングベッドの特徴

ウッドスプリングベッドは、その名の通り木製の床部の構造によって、一般的なベッドと違い、それ自体に「バネ効果」があるベッドになります。

また、見た目はすのこベッドと似ていますが、並んでいる木板の一枚一枚がアーチ状になっており、寝そべると、それぞれの「木板が体の形状に合わせしなる」ようになっています。

以上の特性からも伺えるように、ウッドスプリングベッドは寝そべったときに肩や腰など凹凸のある部分でも身体のラインを保つことができ、体圧分散性に優れ、また、アーチの反発力によって寝返りもうち易くなっています。

通常、このようなウッドスプリングベッドの機能性はマットレスに求められるものですが、ウッドスプリングベッドの場合、マットレスと組み合わせることによって、ダブルクッション効果やさらなる体圧分散性の効果を得ることができるのです。

さらに、ウッドスプリングベッドは製品によって、寝そべったときに体圧のかかるそれぞれの部位によって木板の反発力が異なっているものや、木板一枚一枚の反発力を付属のスライダーによって調整できるものもあります。

このことによって、ウッドスプリングベッドは使用する個人の身長や体型、体重などに応じて適切な寝心地と体圧分散性を得ることが出来るようになっているのです。

また、リクライニング機能が付いているタイプや、スノコの部分を分解したり、ベッドの脚の部分を取り外し床部を丸めることで簡単に収納できるタイプのウッドスプリングベッドもあります。

ウォーターベッドなど他の機能性ベッドが収納や移動が大変ということを考えると、ウッドスプリングベッドの軽量性や収納の楽さは非常に大きなメリットである言えるでしょう。

まとめ

近年では、以前より睡眠時の姿勢などと睡眠の質、あるいは睡眠時の疲労などとの関係が知られてきたこともあり、より良質の睡眠を得るために寝具選びにこだわる方も増えてきました。

そんな中でも、ウッドスプリングベッドはその機能性の高さから、最近、認知度が高まってきている寝具でもあります。

これまで、体圧分散性の良さや寝姿勢のサポートに効果がある寝具としてはウォーターベッドやウレタン系のマットレスが主流となっていましたが、ウッドスプリングベッドはそれらに求められていた機能性を充分に備えているベッドであると言えるでしょう。

さらに、体圧のかかる部分によって反発力を調整することで、それぞれの人に適した睡眠環境を作り出すことが出来るというのは、他のベッドやマットレスには無いウッドスプリングベッドならではの機能です。

価格に関しては、他の一般的なベッドなどと比べると、高価になりがちですが睡眠にこだわる方であれば、是非一度、検討してみるべきベッドではないでしょうか。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る