ボンネルコイルとポケットコイルの違い・寝心地やメリット

ボンネルコイルとは、ベッドやソファのマットレス内部に使われるコイル(バネ)の一種です。

ボンネルコイルの特徴

ベッドやソファのマットレスのバネの構造には様々なものがありますが、その中でもボンネルコイルはそれぞれのコイルが独立せず、連結された状態となっています。
また、スプリングマットレスの代表的なバネにはボンネルコイルとは対照的な構造をとる、「ポケットコイル」というものがあります。ポケットコイルとは、それぞれのコイルが独立して機能するような構造をとるコイルのことで、マットレスにかかった加重を「点」で支えるという特徴があります。
それに対して、各コイルの鉄線が連結しているボンネルコイルは、加重に対してコイルが連動して機能するため、加重を「面」で支えるようなイメージとなり、どちらかといえば敷布団で寝ているような「少し硬めの使用感」となります。
以下では、ボンネルコイルとポケットコイルを比較をしながら、ボンネルコイルのメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

ボンネルコイルとポケットコイルの比較

上に述べたようにボンネルコイルは、そのコイルの構造から硬めの使用感になります。また、コイル同士が支えあうことで加重に対してマットレスの沈みが浅くなるため、ポケットコイルと比べると寝返りがうち易いというメリットがあります。
ただし、ボンネルコイルはコイルが連結されているため、寝返りをうつとマットレス全体に振動が伝わってしまうことがあり、製品によっては二人などでの使用にはあまり向かない場合もあります。
対して、ポケットコイルは「柔らかめの使用感」となり、加重のかかる位置に応じてマットレスが沈むため、身体のラインが崩れにくく、また身体の一部分にだけ負荷が集中することが少なくなります。
ただし、マットレスが沈むため、ボンネルコイルより寝返りがうちにくかったり、腰痛の方には適さない場合もあります。
また、ボンネルコイルは、コイルの一つ一つが不繊毛などで覆われているポケットコイルより通気性に優れるというメリットがあります。
耐久性に関しても、コイルの一つ一つがそれぞれ加重を受け持つポケットコイルより、全体で加重を受け持つような形をとるボンネルコイルの方が優れる傾向があります。

まとめ

ボンネルコイルとポケットコイルにはそれぞれ違った特徴がありますが、ボンネルコイルは、敷布団で寝ているような、少し硬めのしっかりとした使用感を好まれる方におすすめのコイルとなります。
また、ボンネルコイルに使用されるコイルの数は、ポケットコイルに使用されるコイルの数よりも少ないということもあり、比較的に価格も安いものが多くなっています。よって、ボンネルコイルはマットレスにあまり予算をかけたくないという方にもおすすめできるコイルになります。
また、ボンネコイルは腰痛に効果があるというわけではありませんが、加重によるコイルの沈みが浅いため、ポケットコイルなどと比べると腰への負荷が少なくなります。
柔らかすぎるマットレスは、腰痛を悪化させる要因となる場合もありますので、腰痛持ちの方はマットレスを見直す際、ボンネルコイルを使用したものも検討されてみてはいかがでしょうか。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る