アルファ波を発生させる方法と睡眠に及ぼす効果

suimin

アルファ波とは

アルファ波は脳が発生させる電気現象です、発生する電気信号には周波数が存在します、アルファ波はその中でも8Hz~13Hzの周波数帯のことを指します。

アルファ波の効果

脳波の1つであるアルファ波による働きにはリラックスしている時に発生することが良く知られています、また集中力が高まっている時にもアルファ波が発生します。
またアルファ波が発生すると脳内でベータエンドルフィンというホルモンが分泌されます、このベータエンドルフィンには脳を活性化させる効果やストレスの減少効果また体の免疫力を高める効果があります。
アルファ波にはこの様な効果があるため仕事や勉強やスポーツをする際にもアルファ波の発生が良いパフォーマンスに結びつきます。

アルファ波を発生させる方法

アルファ波はとても良い効果が期待できるので必要な時にアルファ波を発生させることが可能であれば何をするにしても良い状態で臨むことができます。
通常アルファ波が発生するタイミングは起きている時に目を閉じていてリラックスしている状態で発生します、反対に眠っている時や緊張状態にいる場合にアルファ波は減少します。
起きていてリラックスしていればアルファ波が発生しますが、いつもリラックスできる状態とは限りません、ではどの様なことでアルファ波を発生させることができるのか、いくつか紹介致します。

散歩をする

外に出て散歩をすることで気分転換になりリラックス効果が期待できます、できれば自然の中を歩くことが良いと言われますが近くにそういった場所が無くても少し歩くことで気分を変えてリラックスすることができます。

ぬるめのお風呂に入る

ぬるめのお風呂に浸かることで気分をリラックスさせることができます、この時あまり熱いお湯に入ってしまうと交感神経が刺激され緊張状態に促されてしまいます。
ぬるめの温度にすることで副交感神経が優位に働くようになりリラックスすることができます。

音楽を聴く

音楽や音を聴くことで気分をリラックスすることができます、リラックス効果が期待できる音楽としてはまず自然の音です、音楽ではありませんが川の流れる音や波の音などが良いです。
またクラッシック音楽も良いとされています、特にモーツァルトの楽曲が良いとされています、これは自然の音と共通の理由なのですが自然の音とモーツァルトの楽曲には「1/fゆらぎ」という周波数が多く含まれています、この周波数が存在するとアルファ波を引き出しやすくなると言われているからです。
アルファ波を発生させる音楽と謳われている商品があります、しかし音楽自体にアルファ波を発生させる効果はありません、音楽を聴いてリラックスできることでアルファ波が発生するという仕組みなのでアルファ波が発生する音楽と謳われている音楽を聴いてもリラックスできない場合アルファ波は発生しません、逆に派手な音楽ジャンルの曲でも聞いた本人が心地よいと感じるのであればアルファ波が発生します。

まとめ

脳波にはいくつかの種類がありますがその1つであるアルファ波にはとても良い効果があります。
アルファ波のリラックス効果や集中力を高める等の効果は仕事でも勉強でもスポーツでもそれ以外のことでも非常に良いパフォーマンス発揮することに繋がります。
その効果により最近ではいかにアルファ波を発生させることができるか等方法が提案されています、どの方法であればアルファ波が発生するという確実な方法はありません、自分で気分転換になることや心地よいと思える方法がアルファ波を発生させられる方法です、自分なりのよいアルファ波発生方法を見つけてみて下さい。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る