アルコールや睡眠薬など身近に潜む依存症の危険と治療法

suimin

依存症とは

薬物等の物質を摂取することや何らかの行為を行うことを日常生活に支障が起こっていても自分では制御できず止めることができない症状を【依存症】と呼ばれます。

依存症の対象

依存症には薬剤物質への依存や行為への依存があります。

薬物依存症

これはよく聞かれることもあると思います、覚せい剤や麻薬や危険ドラッグ等の依存については広く知られています、しかし薬物依存は医師から処方される睡眠薬や向精神薬等でも発生します。
不眠の症状から睡眠薬等の服用を開始したが、不眠の症状改善ではなく薬剤に依存してしまうことで発症してしまいます、睡眠薬や向精神薬には強い離脱症状が発生する物もあり依存の克服も難しくしてしまう要因となっています。

アルコール依存症

アルコールを摂取することへの依存もよく聞かれる依存症です、少量のアルコールは体にも良い効果があるとされていますが、大量に摂取することで二日酔いや肝機能に影響をきたすこともあります。
アルコール依存の原因はストレスや生活習慣等がありますが大きな原因として「遺伝的原因」と「飲酒開始年齢」と言われています、現在の調査結果ではアルコール依存症の50%~60%が遺伝的原因でアルコール依存症を発症しているとされています。
また10代で飲酒を開始することでアルコールが脳へ与える影響に変化を発生させてしまうことがありそれによってアルコール依存症の原因となることがあります。

ギャンブル依存症

ギャンブルをしたい気持ちを抑えられない、その行為をしないと落ち着かない等からお金を大量につぎ込んでしまい生活に支障をきたす場合は依存症となっています。
ギャンブル行為でたまたま大きな金額が手に入ってしまうとその時の高揚感が忘れられずさらに同じ行為を行ってしまうことで依存してしまいます。
この依存症ではお金を大量に使ってしまい借金を抱えてしまうことやその行為を制限することで手足の震えや精神的ストレスから不眠の症状を発症することがあります。

依存症の主な症状

依存症には精神依存と身体依存があります。
まず精神依存は薬物を摂取することやその行為自体をコントロールできなくなります、無理に問題の行動を止めることでイライラしたり不安になったりすることやその物自体が無いと我慢できないという精神状態になります。
主に依存性の薬物を使用する事によって発生します、治療のための薬剤から依存症を発症してしまうこともあります、病気の症状を改善するために飲み始めた薬剤に依存してしまい、飲まないと不安になってしまうという精神的依存が発生してしまう恐れがあります、これは睡眠障害に使われる薬剤に多くみられますので睡眠薬等の使用には十分注意が必要です。
次に身体依存は薬物の摂取や行為自体を止めることで体に離脱症状が発生することを言います。
症状としては手足の震えや異常な発汗や幻覚や不眠の症状が発症することもあります、そのため離脱症状を抑えるために物質の接種や行為を再開するという悪循環に繋がってしまいます。

依存症の克服方法

依存症になる原因としてその人の精神状態によるところもあります、日常で常に強いストレスを感じている場合や満足感が得られていない場合ではその精神的ストレスから物や行為に依存してしまうことに繋がる傾向があります、依存症にならないためにはストレスや不安を発散させることが予防になります。
依存症を発症してしまった場合にはまずはその物質や行為に対して自分が依存していることを認識しましょう、依存していないと思っていてもその問題となっていることを止めてみて下さい、止めたことにより我慢できないと感じるようであればそのものに依存している可能性があります、自分が依存していると自覚することで治療のスタートとなります。
依存を克服する方法として自らその物質や行為を断つことがあります、我慢することを続けることで依存から離れることができます。
しかし依存症を発症すると自ら克服するのは困難な状態となっている場合が多いです、その場合は依存症の治療を行っている医療機関へ相談することが良いです。
また治療は自分で抱えるだけでなく家族や友人にも理解してもらい協力してもらうことも必要です。

まとめ

ふとしたことから依存症が発症してしまうことがあります、またどのような物質でも依存してしまう可能性を持っています、病院で処方されている薬だけが危ないだけでなく一般の市販薬でも依存してしまう可能性があります、また行為自体に高揚感を感じることで繰り返しその行為を求めてしまい依存症に繋がってしまいます。
依存してしまうと依存している物質の接種や行為は満足感を得られる瞬間かもしれませんが、精神や体だけでなく社会生活にも悪い影響をもたらすことになってしまいます。
依存症の克服は大変困難ですが、克服することで精神的にも身体的にも良い生活を送ることができます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る