アクリル毛布のメリットとデメリットは?どんな時におすすめ

suimin

アクリル毛布は、アクリル繊維で作られた毛布で、様々な種類の毛布の中でも選ばれることが多く、広く一般に普及している寝具です。
価格の安さや耐久性の高さなどが特徴ですが、肌触りやお手入れのしやすさなど、他の毛布との比較もしながら自分に合った毛布を選ぶ必要があります
アクリル毛布の特徴やメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

アクリル毛布のメリット

アクリル毛布のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、アクリル毛布のメリットとしてよく挙げられるのは、他の毛布に比べ「価格が安く」、「耐久性が高いので長持ちしやすい」という点です。
やはり繊維の強くない毛布や高価な毛布に比べ、耐久性の面などでコストパフォーマンスに優れているというのは大きいですね。
また、アクリル毛布は合成繊維を素材としているため天然素材の毛布などに比べると「シワや縮みが起きにくく、虫食いなどによる劣化の心配もない」というメリットも持っています。
夏場などにはあまり厚めの毛布を使われない方でも、比較的安心して収納しておくことができそうですね。
さらに、「ソフトな肌触り」で「保温性も高い」こともその特徴の一つと言えるでしょう。

アクリル毛布のデメリット

価格が安いという点も含め様々なメリットをもつアクリル毛布ですが、そのデメリットについても挙げたいと思います。
アクリル毛布の主なデメリットとなるのは、その「吸湿性の低さ」です。
上にも書いた通り、アクリル毛布は素材に合成繊維を使用しているため、天然の素材に比べると汗などの水分を吸収しにくく、結果としてムレやベタつきなど使用感の低下に繋がる場合が考えられます。
また、アクリル毛布の別のデメリットとしては、「静電気が起きやすい」ということも挙げられます。
こちらに関しても使用感の低下に繋がる原因となりますが、中には静電気を防止するための加工が施されたものもあるようです。
衣類などにも使える静電気を防止するスプレーなども販売されているので、加工がされていないものでも試してみると良いかもしれません。
いずれにしても、アクリル毛布のデメリットは保温性などに優れる分、天然素材の毛布に比べ「さらりとした使用感になりにくい」という点にあると思います。
寝ているときの毛布の使用感が気になる方は、一度お店などで実際に触って比べられるのも良いかもしれません。

合成繊維でも用途で考えればOK

ここまで、アクリル毛布のメリットとデメリットについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?
リーズナブルながらも、コストパフォーマンスもあり購入しやすいというのがアクリル毛布の大きな特徴ではないでしょうか。
発色性にも富んでいながら、家庭でも比較的洗濯しやすいというのもアクリル毛布の良い点と言えるかもしれません。
柔軟剤などを使えば、ふんわりとした肌触りに仕上げることができ、よりアクリル毛布のソフトな使用感を活かすことができるでしょう。
また、製品にもよりますが乾燥機にかけると多少質感が変化してしまうものもあるようなので、乾燥させる際には洗濯後さっと脱水させそのまま乾かすと良さそうです。水ハケが良いので比較的短時間で乾かすことが出来ると思います。
いずれにしても、家庭で洗濯される場合には一度洗濯表示をお読みになってくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る