アイダーダウンは普通の羽毛と何が違うの?

suimin

アイダーダウンとは、主にアイスランドに生息する、アイダーダックという水鳥から採られたダウンのことを言います。

アイダーダウンの特徴

ダウン(羽毛)とは水鳥の胸元から採れるたんぽぽ状の柔らかい綿毛のことを言い、一般的にダック(アヒル)とグース(ガチョウ)の二種類のものに分けられますが、アイダーダウンは、(アイダー)ダックから採られたダウンと言うことになります。
一般的には、ダックから採られたダウンより、体が大きいグースから採られたダウンの方が、綿毛が大きくしなやかであるため、品質が優れているとされることが多いのですが、アイダーダックから採れるダウンはグースを含めた様々なダウンの中でも、品質が非常に良く、寝具や衣類における最高級の素材としても知られています。

アイスランドという極寒の地で育ったアイダーダックから採られたアイダーダウンは保温性だけではなく、クッション性、通気性など、お布団の素材として必要なあらゆる要素が、大変高い水準で満たされいるダウンであると言えます。

一般的な羽毛との違い

アイダーダウンが一般的なダウン(羽毛)と違うのは、まず、ダウンボールが綿密に絡み合うという点です。(ダウンボールとは、たんぽぽ状の綿毛の一つひとつのことを指します。)
ダウンボールが絡み合うということは、その分、ダウンの中に空気を含むための層ができるということであり、よりたくさんの空気を含むことのできるダウンというのは、それだけ断熱性や保温性に優れているものであると言えます。
一般的なダウンでも少し高級なものであれば、かさ高が良く保温性の高いものもありますが、アイダーダウンほどダウンボールの絡みが良いものはほとんどありません。

また、ダウンボールの絡みが良いアイダーダウンは、布団の中に詰めたときに綿毛がバラバラになりにくく、側生地のなかで片寄ったりすることが少ないという特徴があります。
生地の中で片寄りがないということは、お布団全体に満遍なくダウンの暖かみが感じられるということであり、このような点もアイダーダウンが一般的なダウンより保温効果に優れている理由であります。
さらに、アイダーダウンの繊維は小さく細いながらも弾力性と柔らかさを兼ねているので、お布団の使い心地は非常にふんわりとしたものになり、クッション性やフィット感も大変優れたものになります。

まとめ

ダウン素材には様々な品質のものがあり、それぞれのダウンには一定の基準に従って等級がつけられていたりしますが、その中でもアイダーダウンは最も等級が高いものとして扱われています。

また、生産量が大変少なく希少であるということもあり、アイダーダウンを使用した寝具や衣類の中には大変高価なものも存在します。

一般的なダウンと比べても使い心地、機能性ともに優れた特徴をもつアイダーダウンですが、寝具の性能は当然、中材となるダウン以外の要素にも左右されます。

アイダーダウンを使用した寝具には高額なものも多いですが、布団などを選ばれる際はその側生地の素材や織り方、さらにはキルティングなどの縫合の仕方にも注目しましょう。

側生地の素材やキルティングの仕方は非常に様々なものですのでこちらで詳細に述べることはできませんが、アイダーダウン本来の性能を活かすためにも、保温性、吸湿・発散性に優れたものを選ぶのは勿論のこと、触り心地や耐久性も良いものを選ぶようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る