nk細胞を活性化!がん予防の効果が期待できる睡眠のとり方4選

睡眠安眠の資格

乳がんなどが若年層でも起こり、死に至るケースもあることでがんは年代を問わず注目を集めている疾患です。そのがんに関与する細胞に「nk細胞」と呼ばれるものがあります。このnk細胞は「ナチュラルキラー細胞」という正式名称で、体内で免疫を担っており、がん細胞を取り除く作用があると言われています。

実際のがん治療でも先端医療としてnk細胞に着目した治療法が研究されていますが、適切な睡眠によってもnk細胞の活性化を期待できます。

nk細胞のメリット

免疫を担うnk細胞の最大の長所は、体に本来備わっている免疫システムなので、活性化したとしても副作用をあまり心配する必要がないということです。一般的な抗がん剤は多くの方がイメージする通り副作用が多いので、その点nk細胞は優れていると言えます。

睡眠での対策が向いている人

睡眠によってnk細胞を活性化させるのが向いている人は、実際に罹患してはいないものの、がんに対する意識を高めて具体的な取り組みをしたいという方です。既にがんの疑いがある、または治療を受けている方も当然ながら睡眠の改善は必要ですが、病院にかかっている場合はまずは医師の指示を最優先にすべきです。

逆に、がん予防を目指す人にとって、睡眠の改善でnk細胞を活性化せる方法は最適です。

nk細胞に特別なことは必要ない

免疫の役割を持つnk細胞はもとから体にあるシステムですから、がん予防を目的にこれを活性化させるためには体を本来あるべき状態に保つことが大切です。つまり、nk細胞の活性化を目指す際の睡眠の改善とは、基本的な睡眠のルールを守ることだと言えます。

最適な栄養と食事の時間

睡眠でnk細胞の働きを高めるには、体の修復に必要な栄養素を十分に摂取する必要があります。ダイエットで肉を敬遠しがちな方が特に女性に多いですが、脂質やタンパク質も人間に欠かせない栄養素なので、あくまでもバランスを重視して食事を取りましょう。また、食事の時間は睡眠の直前は避け、夕食は18~20時ごろには済ませて24時前後には寝床に入っておくのがお勧めです。

消化が活発になると睡眠の質が低下するため、どうしても就寝前にお腹が空いた場合は果物やスープなど胃に優しいものを摂取するよう心がけましょう。

しっかりと湯船に浸かろう!

睡眠時には体温が下がることで眠気が強まっていくため、湯船に浸かって体を温めておくとnk細胞の活性化に必要な質の良い睡眠を取りやすくなります。忙しいとどうしてもシャワーで入浴を済ませがちですが、まずは無理をせずに一週間に1,2回から湯船に浸かることを始めてみましょう。

筋肉を解して快眠!

nk細胞には深い安眠が欠かせませんが、筋肉が硬直していると眠りの質が低下してしまいます。ストレッチやマッサージは体を解して睡眠しやすくするため、nk細胞の活動を高めるのに向いています。お風呂上りにリラックスした状態でストレッチ・マッサージをするのもいいですし、湯船に浸かりながら体を解すのも効果的です。

アロマや音楽で深い眠りを

深い睡眠でnk細胞の免疫効果を高めるには、寝床に入ってからの環境を整えることも大切です。アロマやヒーリングミュージックを活用することで入眠しやすくなり、睡眠の質も向上するので、特に寝つきの悪い方はこれらの方法を試してみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る