香りで快眠をサポート!おすすめの香りのグループ別精油3選

ストレスや不規則な生活習慣などが引き金となって、睡眠の質が落ちている人が増えているというのは珍しい話ではありませんね。

睡眠は身体の疲れをとり、神経を休めるための大切な時間です。

快眠を得るためには、鎮静作用の高い香りを取り入れて睡眠の環境を整えるのも一つの方法。

この記事では快眠を促すのに効果的なアロマオイルを、フローラル系と柑橘系のグループの中からそれぞれ3つご紹介します。

快眠のための香り・フローラル系3選

フローラルとハーブが融けあった「ラベンダー」

不眠の改善効果があることで有名なラベンダーは、他の精油となじみがよくアロマテラピーでよく用いられる種類のひとつです。

その種類は多岐にわたり、精油として利用されている「スパイク・ラベンダー」「ラバンジン」「フレンチラベンダー」の3つと区別するため「真正ラベンダー」とも呼ばれています。

ラベンダーは自律神経のバランスを整える働きがあり、感情のバランスをとって心を落ち着かせる作用が期待できます。

ストレスを受け緊張した状態や不安感・イライラをやわらげる効果に優れているので就寝前に活用すると心身のリラックスを促し、快眠へ導く効果が期待できる香りです。

甘さとほのかな苦みを感じる花の香りの「ネロリ」

ネロリはぐっすり深い眠りに就きたい時におすすめの香りです。

オレンジ・ビターの花から抽出される香りのネロリは、柑橘系のさわやかな香りと洗練されたフローラル系の香りを持ち合わせています。

興奮とリラックスのバランスを取ってくれる性質があるので、神経の高ぶりによる不眠や高血圧を落ち着かせる反面、緊張や不安感などを緩和して安心感をもたらします。

仕事などでストレスを抱えてイライラしている時や落ち込んでいる時など、精神のバランスを安定させる作用をもつ精油です。

深いリラックス作用があるので快眠を得るのに最適の香りの一つといえるでしょう。

ほのかに甘いフルーティーな香りの「カモミール・ローマン」

身体に感じる痛みや神経痛などをやわらげ、落ち着かせる作用を持つカモミール・ローマン。

世界中に自生している多年草の植物で、2~3センチの小さな花を咲かせます。

花だけでなく葉や茎にも香りがあるので、花と一緒に葉からも香りが抽出されることがあります。

外部からの刺激をいったん遮断して感覚をマヒさせるほどの強い鎮静力があるので、頭痛や腹痛などの緩和や子供の寝つきの悪い時などに利用される場合もあるといわれています。

優れた鎮静作用は緊張やイライラを取りのぞき神経をリラックスさせてくれるので、深い眠りのサポートとして役立ちます。

快眠を得るための香り・柑橘系3選

グリーンとフローラルをほのかに感じる「ベルガモット」

紅茶のアールグレイの香りづけに使われることで知られているベルガモット。コロンブスによって発見され、スペインとイタリアに紹介されたといわれています。イタリアでは治療薬として用いられた植物でもあります。

黄緑色から黄色に変化する果実の皮から香りを抽出します。

苦みがあって食用としては不向きですが、香りづけに好んで用いられるさわやかな香りが特徴。

神経の鎮静作用と高揚作用をあわせ持つベルガモットは、情緒のバランスを取るのに役立ちます。

不安や落ち込んでいる時には気分を明るくする作用と、怒りやイライラなどを鎮める作用が期待できるため神経のリラックスを促して快眠につながるのです。

甘い果実そのままに香る「オレンジ・スイート」

安眠を促す精油としても有名なオレンジ・スイートは、年齢を問わず人気の高い香りです。

多くの種類のあるオレンジの中でも広く栽培されているものの一つです。

果皮から抽出される精油は、オレンジの甘酸っぱい果実の香りそのままのもの。

精神をリラックスさせ、前向きな気分や楽しい気持ちを呼び起こしてくれる働きがあります。

こり固まった思考からくる緊張や頭痛などをやわらげる働きもあるといわれ、リフレッシュ効果や高いリラックス作用があるので快眠にも効果が期待できます。就寝前に香らせるのがおすすめです。

親しみやすいやわらかな甘さが香る「マンダリン」

インドが原産のマンダリンは日本ではポンカンの名で親しまれています。果皮から抽出される香りは甘いフローラルの混ざったシトラス調で、香水の原料としてもよく用いられる香りです。

交感神経を鎮めリラックス効果を促す作用があるので、イライラや緊張・興奮で眠れない時などにとても有効。

また、不安や自信喪失などの精神状態をサポートする香りともいわれ、元気を与えて明るい気分にさせてくれる効果が期待できます。

フローラル系と柑橘系の香りから、快眠に効果が期待できる香りを3つずつご紹介しました。

どの香りにもおすすめの使い方は、芳香浴や沐浴、ハンドケアやヘアケアなどの方法です。お気に入りの香りを見つけて快眠のサポートにお役立てください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る