騒音で安眠できない時に耳栓を使用する3つのポイント

耳栓は、騒音が気になる時に使用する安眠グッズの1つです。
夜中の工事、パートナーのいびきや歯ぎしりなど、安眠を妨げる騒音は沢山あります。
便利な耳栓ですが、形や素材によって、音を遮るレベルや使用感も異なります。
これらの違いは、安眠へも大きく影響するでしょう。
自分に合ったタイプの耳栓を選ぶ方法や、耳栓のケアなどポイントを紹介します。

安眠するためには耳栓が必要

耳栓とは、音を遮ることで意識を集中させたり、大きな音から鼓膜を守るという役割も果たします。
元々は安眠グッズとして発売されている商品では無いものの、就寝時に使用するケースが非常に多い商品でもあります。
就寝時に耳栓を使用する事で、いびきや歯ぎしり、外から聞こえる音を遮って眠ることができます。
また、入眠時以外にも使用した方が良い理由があります。
脳は、眠っている間も音を感知しているため、音を遮ることによって眠りの深さに影響を与えるためです。
夜間の工事など、大きな音を長時間聞き続けると、眠れないだけではなく鼓膜に負担が掛かります。
起床時に耳鳴りが起こるなどといったケースもあるため、耳栓で予防することがおすすめです。

安眠するためにおすすめの耳栓

耳栓は、形によってタイプが分けられています。
まずはスポンジタイプです。
円筒のスポンジで、柔らかいことが特徴です。
低価格で販売されている耳栓は、このスポンジタイプになります。
スポンジタイプは、耳栓を潰して耳に入れ、耳の中で元の形状に戻ることでしっかりとフィットして音を遮ってくれます。
段々タイプは、ヒレがついている耳栓です。
数個のヒレが段々に付いており、音を遮る機能が高い点が特徴です。
小さな取手が付けられているため、装着する際もスムーズである点がメリットです。
シリコンで作られている事が多く、耐久性がある点が魅力です。
就寝時だけではなく、耐水性もある事から水泳やマリンスポーツをする際にも重宝します。
シリコンタイプは、耳の穴自体を覆うタイプです。
通常、耳の穴に入れる耳栓を想像しますが、栓をする訳では無いため圧迫感が無い点が魅力です。
圧迫感や負担が軽減されることで、睡眠時など長時間の利用に適しているタイプでしょう。

耳栓を選びのポイントとは

音を遮る機能が高すぎる耳栓は、アラームなどの音まで遮ってしまいます。
そのため、適度な機能性の耳栓を選ぶ必要があります。
低価格な耳栓であれば、まずは試してみるという事もおすすめです。
中には数種類を試すことができるセットも発売されているため、付け心地を確かめてから就寝時用の耳栓を購入しても良いでしょう。
睡眠時間は平均8時間程の長時間となります。
長時間使用し、さらに寝返りを打った際に負担にならない柔らかい耳栓がおすすめです。
起床時に耳の痛みを感じる場合、耳栓の使用は控えた方が良いでしょう。

耳栓選びは慎重に行う必要がある

安眠のために使用する耳栓は、音を遮る機能だけではなく付けた時の感覚も大切です。
耳栓を付けた際の付け心地が悪いと、安眠を妨げることに繋がります。
また、耳の中の皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。
そのため、自分の耳に合う形状、素材を確かめる必要があるでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る