音は安眠に効果がある?睡眠時に音を使う方法の真相を6つ公開!

そもそも安眠に音は必要か

川の流れや雨音などの自然音は安眠に効果があるとして、CDやスマートフォンのアプリなど、様々な媒体で視聴できるようになっています。ただし、これらを活用する際には、「安眠には音が少ないことが理想」という事実を知っておく必要があります。
睡眠において目を閉じるように、安眠には外部からのあらゆる刺激を出来る限りシャットダウンしておくことが必要です。そのため、イヤフォンやスピーカーであえて音を出すということは、本来安眠とは逆の方法を採っていることになります。

音でぐっすり眠ることはできる

音が安眠には不要なものという事実を知ると、安眠効果を謳った音源は全て意味がないのかと思われますが、実際にはそうではありません。多くの方は睡眠時に眠ることだけに集中しているわけではなく、その日のことを思い返したり、不安や悩みについて考え事をしたりしています。それは安眠を妨害する要素の一つになりますが、適切な音を聴くことで安眠できなくなる要因を減らすことができます。
安眠に音を使うには、音の選択や聴くタイミングをしっかり考慮する必要があります。

ベストタイミングで音を聴いて安眠!

繁華街に住んでいる方は特に外の騒音に悩むことが多いですが、横になって雨音などの規則的な音を小さい音量で流しておくことで眠りやすくなります。また、考え事で眠れない方は睡眠の1時間前から照明を暗くしたり、アロマを焚いたりしつつリラックスできる自然音を流しておくと、布団やベッドに入るとすぐに眠れるようになります。

安眠に最適な規則音とは

ヒーリングやリラックス効果がある音源の特徴は、規則的で繰り返される音が多く含まれているということと、楽器や音の数があまり多くないということです。反復する音は脳波を安定させて安眠を起こします。
見方を変えると、不規則な音や展開が激しい音・音楽を聴くと安眠どころかかえって寝付けなくなってしまいます。また、楽器や音が多いと聴覚を覚醒させてしまうため、音数が少ない音源を選ぶことが必須です。

歌が入っている音楽は避ける

自然音ではなく音楽を聴いて安眠したい方は、なるべく歌や朗読などの言葉が入っていない音楽を選ぶようにしましょう。言葉を脳が認識すると音だけを聴くより活発に思考を働かせてしまい、さらに言葉の内容から考え事を膨らませて眠れなくなることがしばしばあります。
歌詞などの言葉が含まれる音楽は、ベッドに入ってからというよりは、入浴時や睡眠前のティータイムなど、リラックスして活動できる時間帯に聴くことが推奨されます。

起床時にも音を使ってみよう

安眠が「よく眠れて翌日すっきりする」ということならば、スムーズに起床できる音も安眠に効くサウンドと言えます。起床時に音を使う場合、急に大きな音が鳴るものは確かに目を覚ますことはできますが、強制的に覚醒させることになって寝起きの気分が悪くなりがちです。
快適に目を覚ますには、起きたい時間の30分前から5~10分間隔で少しずつ音数が増えるようにスマートフォンなどのアラーム機能で設定しましょう。この際、最終的に起きる際の音は好きな音楽でも構いませんが、「徐々に賑やかな音楽にする」という基準で使う曲を設定するルールを必ず守りましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る