青色を見ると眠りが深くなる?初心者が知っておきたい安眠に効く3色

安眠の前提条件はリラックス

睡眠の悩みのほとんどはストレスに起因しており、観点を変えればストレスさえ取り除ければたいていの人はぐっすり眠れると言えます。つまり、安眠の方法を考えるならば、一日の疲れを取りながら夜にリラックスできる方法を模索することが大切です。ポピュラーなリラックス方法には、ストレッチ・入浴・アロマ・ヨガがあり、その他の安眠メソッドも多くの方が実践しています。

色には心への作用がある

色彩検定などカラーに関するライセンスが増えてきたり、専門学校などで色についての授業が開講されていることが増えてきたりしているように、色には人の心を動かす力があります。それはリラックスして安眠することにも言えることで、安眠の条件を満たしたい時には色の力を借りてみるのも一つの手です。

ブルーカラーは信頼性の高い鎮静の色

あらゆる色の調査・研究に共通していることは、青色は心を落ち着けてリラックスできるという事実です。実際にブルーを寝具に取り入れて眠ると、理想的な睡眠時間である8時間ほどの安眠を得やすくなることが分かっていて、青色は安眠効果において最も信頼できる色彩です。
青色を使う寝具は、ベットカバーのように眠る姿勢になった時に視界に入るものがいいとされています。視覚的に青色を捉えることで、脈拍も安定して安眠の準備態勢に入れます。

柔らかいイエローで安眠物質を分泌!

明るく活発なイメージのある黄色ですが、安眠に効果的な物質を体内で多く分泌させる役割があります。明度が高すぎるイエローカラーは脳を興奮させてしまいますが、パステル系の黄色やほのかにイエローが入った照明を使うと、安眠に必要な体内環境が整えられていきます。
就寝時に近くに黄色のアイテムがあると明るくて気になるという方は、壁にパステル系の黄色いポスターや絵画を飾るなど、少し距離を置いて黄色のオブジェを設置してみることを安眠のためにお勧めします。

本能的に落ち着けるグリーンで安眠!

目に優しいと言われる緑色は、睡眠でも心を静めて安眠を誘うという効果があります。人間は本来外で暮らしていたため、緑色は自然の豊かさを感じて安眠に誘導すると言われています。部屋全体が緑色を基調としているのが最も効果的ですが、ベットカバーや枕など、あらゆる場所にグリーンカラーは適応し、安眠効果を発揮します。色彩の中でも比較的安眠に使いやすいのが緑色の特徴です。

全体で色調を統一しよう

安眠のために色彩を寝室に取り入れる場合、あまり多くの色を取り入れずに色調をまとめる工夫をしましょう。白をメインとしつつ、そこにリラックスできる緑だけを取り入れるなど、スタイリッシュに色調を整えることを意識することが大切です。
また、最終的にカラーの知識を安眠に活用する際には、自分が好きな色を積極的に使うことが大切ですが、赤色だけは脳を刺激し過ぎてしまうため、出来る限り寝室には取り入れないことをお勧めします。

花の色も安眠に効果的

寝具や壁紙、絵画だけでなく、リラックスできる色を探す場合には花も選択肢に入れておくことがポイントです。花は淡い色が多く、特に花屋さんで生けられている商品は綺麗に色調が統一されているため、家に飾ることで安眠効果が出てきます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る