長いフライトをどう乗り切る?国際線で安眠できる6つの対策とは

朝起きれない原因の睡眠相後退症候群

海外旅行や出張などで使う国際線は、特に欧米へのフライトの場合10時間など長い時間を要します。エコノミークラスだと必ずしも長時間のフライトに向いた席とは言えませんが、国際線ではしっかり安眠対策を行わないと酷い時差ボケや体調不良が起こります。

予約時の安眠対策

国際線における最も手軽な安眠対策は、自分に合った座席を事前に予約しておくことです。窓際の方がゆっくりできる人もいれば、通路側の方がよいという人もいますし、座席の好みは様々です。フライト中リラックスして安眠するためには、座席表をよく確認したうえで指定するという対策が効果的です。

価格の安いLCCの場合、座席指定をしない方がコストをかなり抑えられることがありますが、初めて使う路線なら不測の事態に備えて座席指定をしておきましょう。

女性におすすめの対策

女性が国際線を使う際に気を付けたいのが、肌トラブルの対策です。数日かかる国際線ではしっかりと安眠しないと肌荒れが起こる可能性があります。また、たとえ睡眠が取れてもメイクがついたままでは肌の症状が現れることがあるので、搭乗前にメイクを落としておく対策をお勧めします。すっぴんの状態が気になるという方は、マスクを着用しましょう。

また、機内の空調は乾燥しやすいので、保湿液など美容グッズを持ち込む対策も役立ちますが、機内に持ち込めないものもあるため、事前の確認が必要です。

あくまでも移動手段

エコノミーやビジネスクラスでの国際線の利用では、フライトをあくまでも一つの移動手段と理解し、機内食をたくさん食べたりアルコールを摂取し過ぎたりしないという対策も欠かせません。特に海外旅行の場合は気分が浮かれてついついお酒を飲むことがありますが、うまく安眠できず体調が崩れて現地で旅行を満喫できないことがあります。

着陸後を楽しみにしながら、国際線の機内では対策をしっかり取ってゆっくり安眠しましょう。

安眠対策にアイマスクは必須

国際線での安眠対策にはアイマスクが不可欠なので、事前に購入しておく必要があります。きちんと安眠するためには光の刺激を減らした方が良く、そのためにアイマスクは役立ちますし、アイマスクを装着していることで寝ていることがはっきりと分かり、周囲の乗客やアテンダントも配慮してくれます。

また、話し声などが気になって眠れない心配もある方は、対策として耳栓を持っておくとよいでしょう。

睡眠時間を事前に調整

フライトでの安眠だけでなく、現地の時差ボケを軽減するためには出発前日の睡眠時間を工夫しておきましょう。前日に少し睡眠時間を短くし、機内でしっかり眠れるように対策することで、ベストなタイミングでフライト中でも安眠を取りやすくなります。

特に子どもの場合は国際線での旅は疲労度が大きいため、海外旅行の際は家族全員で睡眠時間を調整して機内で安眠できるように対策しましょう。

コーヒーは避ける

機内でも提供されることがあるコーヒーですが、含有されているカフェインには覚醒作用があり、飲むとフライト中にうまく安眠できない恐れがあります。そのため、国際線に乗る当日はコーヒーの摂取は控えるという対策が大切です。

さらに、コーヒーには利尿作用があり、たとえ眠れても途中で起きてしまう可能性があるという点からも国際線ではお勧めできません。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る