運動で良質な睡眠を得る方法

運動は快眠への第一歩です

最近ベッドに入ってもなかなか眠りにつけない。明日は大切な会議があるのに3時間しか眠れなかった。こんなことってありませんか?

眠らなければ、寝ないとと無理に考えれば考えるほど目が冴えてしまう時ってありますよね。そして良い睡眠のためにおすすめしたいのが、「運動」です。運動は睡眠の質を向上させることができます。ぜひ運動を利用して、心地良い快眠を手に入れましょう。

なぜ睡眠に運動が良いのか?

どうして良い睡眠には運動が必要なのか。まず私たちの普段の生活を見直してみましょう。現代は体を使わず、一日中椅子に座って仕事をしている人が大多数だと思います。それに加えて電車、タクシーなど交通機関の発達で歩く機会は減っていき、階段にしたってエレベーターやエスカレーターのおかげで、必ずしも登る必要がなくなっています。

けれどPCを使いながらこなす仕事は考えることが多くてハードなものが多く、時々上司に叱られてしまったり、会社の人間関係に気を揉んでストレスが溜まったりする機会はたびたびあると思います。つまり現代は、「頭は疲れているけれど、体は疲れていない」状態になりやすい時代なんです。

そのため夜眠りにつこうとした時、脳は疲れていても体はあまり疲れていないので、すぐに眠りにつくことができません。なのでそんな状態を改善するためにも、運動が必要なんです。

適度な運動で体が眠りにつきやすい状態にしましょう。運動にはストレス解消、精神の安定といったリラックス効果があります。運動によって適度に体が疲れ、ストレスが解消された状態でベッドに入ることができたら、仕事のことなど考えずにぐっすり眠ることができますよね。

どんな運動が睡眠に効果的なのか

有酸素運動で体を疲れさせましょう

人間の体は、夜になるにつれて深部体温がだんだん下がっていく仕組みになっています。なぜこのような仕組みがあるかというと、深部体温が下がることによって眠りに入りやすくなるからです。

そして眠る2〜3時間前に体温を上げておくと、眠る時間に深部体温が下がりやすくなります。つまり眠りにつきやすくなるのです。

なので適度に体を疲れさせることができて、体温を上げられるウォーキングやジョギングといった有酸素運動がおすすめです。

注意してほしいのが、眠る前に有酸素運動をする場合は、30〜60分に抑えてください。長時間運動をしてしまうと、体温が上がりすぎて眠る時に体温が高くて眠れなくなってしまうからです。そして最低でも眠る2時間前には運動を終わらせてください。眠る直前に体温の上がる有酸素運動をしてしまうと体温が高いままベッドに入ることになってしまいます。

ヨガやストレッチは血行を促進します

眠る1時間前に行う運動として、体を伸ばすストレッチやヨガもおすすめです。ストレッチで血液を循環させて1時間くらいすると、ゆっくりと深部体温が下がっていきます。すると体の先端部、指先や足先が温まり眠りにつきやすくなります。

さらにストレッチには、固まった筋肉をほぐしてゆるめる効果があります。筋肉がほぐれることによって血行が良くなり疲労物質が排除されるので毎日つづければより眠りにつきやすい体質になります。

一日15分からでもいいので、運動を試して快眠のある生活を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る