質の良い睡眠を目指す3つの安眠グッズと対策

安眠することにより、体の疲れだけではなく心の疲れも癒すことができます。
反対に、睡眠の質が悪く、寝つけない場合や睡眠不足が続くことにより心身ともに不健康な状態となってしまいます。
質の良い睡眠で疲れを取るためには、自分の努力だけではなく安眠グッズなどの市販されている商品を取り入れることもおすすめです。

自分の身体に合う寝具を使用する

重要な安眠グッズは、枕とマットレス、敷布団です。
これらが自分の身体に合っていない場合、力を抜いてリラックスすることができません。
身体の一部に負担がかかるなど、深い眠りにつくことができない場合もあります。
枕については、極端に高いものや低いものでは、血管などを圧迫するため脳を含めて全身の血行不良に繋がります。
立った状態と同様の姿勢のまま横になることをイメージして、寝具を選ぶ必要があるでしょう。
マットレスや敷布団では、低反発の商品は流行しています。
この低反発タイプの商品は、寝ている時に動くことが少ない方や4時間程度の睡眠で十分といったショートスリーパーの方に向いているものです。
反対に、高反発の商品は、筋肉質の方に向いています。
体型によっても向き不向きは異なり、細身の方は柔らかい寝具、一般的な体型の方は中度の硬さ、体形が大きな方は硬い寝具が良いとされています。
就寝時は寝返りも重要になるため、幅のある寝具を選びましょう。

寝室は清潔に保つ

換気が悪かったり、湿気が多い寝室には、カビやダニが発生します。
寝ている間に、これらを吸い込むことで身体が排出するために反応することで眠りは浅くなってしまいます。
夜中にくしゃみなどをしてしまえば、そのまま起きてしまい睡眠不足にもなるでしょう。
くしゃみなどのアレルギー症状が見られる場合には、寝具や寝室を清潔にして換気も行うことが大切です。
ダニ予防には、吸着シートなどを寝具の下に敷くことで効果が期待できます。
布団叩きは、ダニを追い出す効果はほとんどありません。
敷布団やマットレスの奥にもダニが潜むため、寝具専用の掃除機などを使用して清潔に保ちましょう。

食事は寝る3時間前まで

食事をして満腹感を得ると、「レプチン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。
このレプチンによって、眠気を覚えます。
ただし、満腹から眠気を覚えた段階で寝てしまうと、食べ物の消化活動によって身体は休息状態になりません。
そのため、眠りも浅くなります。
食べ物の消化には3時間程度の時間が必要であるため、夕食は寝る3時間前までに終わらせておきましょう。
また、脂肪の多いメニューは消化されるまでに時間が掛かるため、肉類や油ものは避けてウドンなど消化されやすい食べ物を選ぶことがおすすめです。

安眠グッズを活用して良い睡眠を

安眠グッズといえば、ライトや音楽機器などをイメージする方も多いでしょう。
しかし、寝室を快適な状態に保つことで、安眠に繋がります。
また、分泌されるホルモンも意識をして、食事のタイミングなどにも気を使う必要があります。
忙しい中でも、可能な限り調整をしましょう。
心身ともに健康に仕事や家事をこなすためには、質の良い睡眠を取った上で目覚めの良い1日をスタートさせることが重要です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る