睡眠を快適にするエアコンの活用方法

エアコンを活用して睡眠できていますか?

8月の暑い夜は寝苦しくて、毎年眠ることができない。寒い冬の夜、エアコンをつけているのに足元が冷えて寝つくことができない。こんな寝苦しい夜を過ごしていませんか?

冬と夏はそれぞれ眠りづらい悩みを抱えてしまいがちですよね。冬の冷えは寝つきを悪くしてしまうし、夏の暑さには息苦しくなってしまうと思います。そんな時に皆さん活用しているのは、温度調節のできるエアコンだと思います。

しかしエアコンを使っていると乾燥だったり、長時間つけていて逆に体が冷えてしまったりと、コントロールが難しいと思います。眠る時エアコンはタイマーがいいのか、それとも付けっ放しがいいのか迷うこともありますよね。

この記事では睡眠のためのエアコンの活用法を紹介します。

夏の暑さを改善するエアコンの活用法

夏の息苦しい夜の原因は暑さもあるのですが、湿度も関係しています。なのでエアコンによる冷えが心配な方は除湿だけでもするのがいいです。

エアコンの最適な温度は26度〜28度と言われています。これより低い温度にしたら暑さに対して速攻の効果があるかもしれませんが、逆に夜冷えすぎてしまって起きてしまう可能性もあります。なのでタイマー機能をつけるか温度を上げましょう。

タイマー機能を設定すると切れてしまったあとに体が暑くなり起きてしまうこともあるかと思います。なので一晩中エアコンをつけていても大丈夫です。ただし体が冷えすぎないように必ずしっかりと布団は肩まで上げて眠ってください。そして喉など気管が弱く、風邪を引きやすい方には一晩中つけっぱなしはおすすめできないです。

布団に入ったはじめに部屋が適度な気温であれば眠りにつきやすいと思うので、眠る1〜2時間前にクーラーをつけておき部屋を冷やしておくのもおすすめです。体は眠りはじめた最初の3時間に体の深部体温を下げて眠りの準備をするので、その働きとクーラーの温度がマッチしています。

冷えてしまう冬のエアコンの活用法

はじめに寒い冬に眠る時の最適な温度は14度〜20度です。そして冬の夜にエアコンをつける場合、1、2時間後には切れるタイマーを設定するのが最適です。さきほども説明したように眠る時、体は深部体温を下げて眠る準備をはじめるので、長時間暖房をつけているとその体の働きを妨げてしまいます。

さらに冬は常に空気が乾燥しているので、なるべくエアコンをつけている時間は短くしたほうが賢明です。冬場は夏場に比べて2倍以上空気が乾燥しています。冬は風邪を引いたりインフルエンザになる可能性も高いので、乾燥には十分注意しましょう。エアコンと併用して加湿器を利用することもおすすめします。

タイマーが切れてしまったあとに体が冷えてしまうことが心配であれば、羽毛布団など熱を逃さない寝具の利用が効果的です。羽毛布団には羽毛が私たち人間の体温を感知して膨らみ暖かくなる効果があります。なので暖かい状態を維持したまま、朝を迎えることができます。エアコンで喉や肌を乾燥させてしまわないように体の体温の手助けをしてくれる寝具も併用して使いましょう。

暑い夏も寒い冬もエアコンを上手に活用して、良質な睡眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る