良い睡眠を取るための食べ物と飲み物3選

布団に入ってはいるものの寝つけないという場合や、「早く寝なければならない」と焦ってしまうことで寝つけないなど、睡眠に関する悩みを持つ方は多いです。
8時間以上、睡眠を取ることが推奨されている通り、1日5時間以下の睡眠が継続される場合は健康に害を及ぼすともいわれます。
睡眠によって体を休め、回復するまでにはある程度の時間が必要なのです。
しかし、睡眠時間だけで睡眠の質まで判断することはできず、食べ物によっても睡眠の質は変化をするといわれています。
睡眠に関連するといわれる食べ物について紹介します。

リラックス効果が期待できる大豆

人間の体内では生成することができない必須アミノ酸である「トリプトファン」を含んでいる食べ物は、良い睡眠をとるために必要であるといえます。
リラックス効果のあるホルモンである「セロトニン」を分泌するためにも必要な成分です。
しかし、トリプトファンは他のアミノ酸に負けてしまうため、脳にまで吸収される可能性は低いともいえます。
そのため、炭水化物と同時に摂取することがおすすめです。
炭水化物は血糖値を上げるため、インスリンが分泌されトリプトファンが脳にまで伝わることをサポートする役割を果たします。
大豆以外にも、鶏のむね肉や鮭、玉子にも含まれています。
1日の食事のうち1度摂取することでも効果が期待できますが、アルコールと摂取することは止めましょう。
トリプトファンが脳へ伝達されることを妨げてしまうため、炭水化物プラス大豆といった組み合わせが理想的です。
レンズ豆など、粒の小さな豆にはビタミンが豊富に含まれています。
このビタミンに加えて多く含まれている栄養素が「葉酸」です。
葉酸が不足することによって、睡眠の質を低下させることに繋がります。
レンズ豆にはトリプトファンに加えて葉酸やビタミンが含まれており、睡眠の質を向上させるためにはおすすめの食べ物です。

フルーツも睡眠の質を向上させる効果が

フルーツの中でも、良い睡眠に効果が期待できるのはキウイです。
キウイには抗酸化作用があり、睡眠に大きく作用するホルモンであるセロトニンを豊富が豊富に含まれています。
寝る前の1時間~2時間前にキウイを食べると、睡眠に対して効率的に作用する効果が期待できるでしょう。

温かい飲み物を飲むことも重要

食べ物以外にも、温かい飲み物を飲むことで長い時間、落ち着いた睡眠をとることに繋がります。
ホットミルクなど、子供の様ですが非常に高い効果が期待できます。
砂糖の入った温かい飲み物を飲むことで、睡眠中に血糖値が高い状態を維持することになるため、安定した睡眠をとることができるといわれています。
特に、消化に時間の掛かる脂肪分の高い飲み物は空腹も感じにくくなるため、より長い時間、質の良い睡眠をとることが期待できるでしょう。

睡眠時間だけではなく食べ物も意識する

例えば、コーヒー、やお茶、チョコレートといった、カフェインを含んでいる飲み物や食べ物を摂取した場合、睡眠の質にも影響を与えます。
反対に、質の良い睡眠をとるためには、食べ物にも気を配る必要があります。
安眠効果を得るための食べ物は、手軽に摂取できるものが多いです。
そのため、質の向上を意識するのであれば、睡眠時間に加えて毎日の献立も考えてみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る