安眠に効果的な音楽はこんな曲です

正しく眠る前の音楽を選べていますか?

よく眠れるって話題だったCDを聴いてみたけれど、全然眠れない。リラックスするために自分のお気に入りの歌を聴いて夜眠っているけれど、熟睡できなかった。安眠のために歌を聴いたのに全然効果を感じられなかったことはありませんか?

インターネットで検索すると、安眠効果があると書かれた音楽がたくさん紹介されています。けれどあまりにたくさんありすぎて、どの音楽が本当に効果があるのか分からないですよね。音楽の中には確かにリラックス効果がある曲もありますが、眠る前に聴く曲はなんでもいいわけではありません。

この記事では眠る前に聴くのに最適な音楽について紹介いたします。

こんな音楽に安眠効果があります

安眠効果がある音楽はこんな音楽です

α波が出現する音楽

α波とは別名「ベルガー波」ともいわれている脳波の一種です。このα波が出ると良質な安眠の他にも、集中力と記憶力アップにも効果があります。

このα波がよく出る音というのは、「自然の音」です。森林を歩いている時に聞こえる鳥の鳴き声や、葉が風に揺れる音、海のさざなみの音、川の流れる音などになります。

世界的に大人気の歌手の宇多田ヒカルさんの声には、このα波に導く効果があるそうですよ。

歌詞の入っていない音楽

普段は歌詞の入っている音楽しか聴かない人も多いと思います。それは音楽だけではなく、歌詞に共感できたりカラオケで歌えるからですよね。

けれど眠る時に歌詞のある音楽を聴いてしまうと、脳はいつもしているように歌詞の意味を考えてしまいます。そうすると脳は眠る前でも休むことができません。なのでなるべく脳が考えなくても済むように歌詞のない音楽を選びましょう。

リズムと曲調が安定した音楽

人の気持ちを落ち着かせるにはリズム運動が効果的です。一定のリズムで動くことによって、幸福感や感情の落ち着きに効果が高いセロトニンという脳内物質が分泌されるからです。

なのでリズムがずっと同じ音楽を聴くことはリラックス効果があります。音楽を聴くと、人は脈拍や呼吸のリズムなどが同調するので、曲によっては心を落ち着かせる効果があります。なのでその働きを利用するためにリズムや曲調が安定した音楽を聴きましょう。

バイノーラルビートを知っていますか?

バイノーラルビートという言葉はご存知ですか?

バイノーラルビートとは、左右の耳に微細に周波数の違う音を聴かせることよって脳の中で生まれてくる、音のうねりのことをいいます。

このバイノーラルビートを聴くことによって脳の中で瞑想状態の時に出てくるθ(シータ)波が同じように出てきて、そのθ波の影響でリラックス効果とヒーリング効果が高いといわれています。不眠症改善のために研究者たちがつくった音なので、安眠への効果に期待ができますよね。バイノーラルビートを聴くことによって脳波をコントロールして、脳を最善の状態にすることができるのが最大の特徴です。気になる方は聴いてみてくださいね。

安眠を手に入れるために、眠る前は普段とは違う音楽を聴いてみることをおすすめします。お気に入りの音楽と安眠できる音楽は違いますよね。この記事を参考に、気になる音楽を探してみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る