良質な睡眠に必要な栄養は何か教えます

睡眠に栄養は大切です

疲れて眠いはずなのにベッドに入ってもうまく寝付けない。夕食を食べてすぐにベッドに入ったら、体が熱くなって眠れない。良い睡眠が得られなくて、悩んでいませんか?

運動不足、生活習慣の乱れ、ストレス、疲労の蓄積。なかなか夜眠れないことの原因は様々ですが、その原因のうちの一つとして、「普段の食生活の栄養の偏り」があります。野菜を摂らずにコンビニ弁当やファストフード中心の食生活をしていると、どうしても生活する上で必要な栄養が不足してしまいます。寝つきを良くするためにも、普段から食べ物の栄養に気を遣うのはとても大切なことです。

眠る時に必要な物質をつくれる栄養の情報を知り、その情報をもとに食事で摂ることができれば、良質な睡眠に一歩近づくことができますよ。

この記事ではぐっすり眠るために効果的な栄養素を紹介していきます。

睡眠に効果的な栄養素

まず良い睡眠をとるうえで大切なのが「セロトニン」という脳内物質です。セロトニンは心の情緒の安定だったり、明るい気分をつくったりする働きがあります。このセロトニンが十分に分泌されて日中に活性化されていると、ストレスが解消されたりうつ状態が解消され夜眠りやすい状態になります。

朝に日光を浴びることや、適度な運動をすることでセロトニンの分泌ができますが、食事でもセロトニンをつくる栄養素を摂ることができます。

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、食品のたんぱく質に入っています。トリプトファンはさきほど説明したセロトニンの原料になります。そしてトリプトファンは体内で合成することができないので、食べ物から摂取する必要があります。

トリプトファンが多く含まれている食べ物:バナナ・アーモンド・たらこ・糸引納豆・プロセスチーズ・そば

ビタミンB6

実はトリプトファンだけではセロトニンは合成できません。摂取したトリプトファンからセロトニンはをつくるためにはビタミンB6も必要になります。

トリプトファンとビタミンB6両方を摂ることによって、睡眠に効果的なセロトニンを合成することができるので、覚えておいてくださいね。

ビタミンB6が多く含まれている食べ物:バナナ・大豆製品・かつお・まぐろ・レバー

バナナはトリプトファンもビタミンB6も含まれている栄養豊富なフルーツなので、朝にヨーグルトと混ぜてみて取り入れてくださいね。

良い睡眠のために、こんな食べ物には注意してください

睡眠にとって良い栄養素があるように、睡眠にとって悪い影響を持つものもあるので紹介いたします。

アルコールは呑む量に注意

適度な量であれば睡眠の助けにはなりますが、たくさん呑んでしまうと眠りのサイクルが乱れ、さらに睡眠の質を低くしてしまいます。寝ている時にトイレに何度も行きたくなり目覚めてしまったりするので、寝る前にアルコールを呑む時は、量に気をつけて、可能であればシャワーを浴びて体の負担を減らしてくださいね。

コーヒーは昼間でも飲みすぎに注意

無意識のうちに仕事中や友達とカフェでおしゃべりをしている時、コーヒーを何倍も飲んでしまっていませんか?コーヒーに入っているカフェインは交換神経を刺激して興奮する作用があります。少なくとも眠る3〜4時間前にはカフェインの摂取は控えましょう。

朝食をバナナに切り替えるだけでも良質な睡眠への効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る