自分に適した睡眠時間を知る3つのポイント

体調を万全にしたり、仕事で最高のパフォーマンスをするためには、何時間ほどの睡眠時間を確保すれば良いのでしょうか。
十分であると感じる睡眠時間とは、個人差のあるものです。
6時間程度、8時間程度と個人差はありますが、中には3時間程度でも良いと考える「ショートスリーパー」も存在しています。
ショートスリーパーであれば、1日の活動時間も大幅に変わり、生活自体も大きな変化があるでしょう。
トレーニングを行うことによって、ショートスリーパーを目指すことはできるのでしょうか。
自分に適した睡眠時間を知るためのポイントや、間違った考え方を紹介します。

自分に適した睡眠時間がある

自分に適した睡眠時間とは、何時間なのかと考える方は多いはずです。
人間に必要な睡眠時間は8時間程度といわれていますが、これは絶対ではありません。
体質や年齢、ライフスタイルによっても大きく異なります。
赤ちゃんは10時間以上睡眠を取り、10代後半から8時間程度になり、60代以上になると6時間程度です。
年齢を重ねて行くと、適した睡眠時間は短くなります。
さらに、昼間の運動量でも左右されます。
アスリートは10時間以上の睡眠時間が適しており、一般の人であっても疲れている時には10時間程度の睡眠が必要になる場合もあるでしょう。
この様に日々変わる条件の中で、自分に適している睡眠時間を知る事は難しいです。
同じ時間に就寝し、同じ時間に起床するという作業を一定期間繰り返し、昼間の眠気などから算出しましょう。

ショートスリーパーに対する間違った知識

ショートスリーパーは、忙しい人に取って理想の存在です。
睡眠時間が6時間以内であっても、日々の生活に支障をきたすことが無い人を指します。
しかし、適した睡眠時間が3時間で良いという人間は存在しません。
ショートスリーパーであっても5時間から6時間程度の睡眠は必要であり、3時間でも良いといった考え方は間違いであるといえるでしょう。
実際のショートスリーパーは、睡眠を司る遺伝子の突然変異であるという説が濃厚です。
つまり、訓練をしたからといってショートスリーパーになれるという訳ではありません。
ショートスリーパーであると感じている人の多くは、脳が興奮状態になっており「隠れ睡眠不足」になっている可能性が高いです。

睡眠時間のコントロールは仮眠でサポート

実際のショートスリーパーは少ないものの、6時間未満の睡眠が適しており生活に支障もないという人も居ます。
この様に、短時間の睡眠でも十分であるという人や、睡眠を取りたくても時間を確保できないという人は、仮眠を取ることで調整をしましょう。
短い睡眠でも良いパフォーマンスができるという人の多くは、寝つきが良く、仮眠を取る際にもスムーズに寝つけるというケースが多いです。
寝つきが悪い場合には、夜の睡眠を十分に取る必要があります。

間違った知識を改めた上で十分な睡眠を
ショートスリーパーに憧れていても、トレーニングによってショートスリーパーになることはありません。健康を害する可能性があるため、無理は禁物です。
そのため、自分に適した睡眠時間を知った上で、ライフスタイルに合った睡眠を取りましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る