肥満の解消には睡眠の改善を!睡眠不足で太る対策を4つ解説

美快眠セラピストとは

近年では特に先進国で食が豊かになった影響で、肥満の問題が注目されています。太ると健康上多くの問題が生じますが、肥満は現在では大人だけでなく子どもにも多く起こっていて、性別や年代を問わない課題になっています。

太る食事と睡眠不足

最も重要な太る原因はやはり食生活の乱れで、現代では炭水化物の多量摂取などによるカロリー過多な食事で太るケースが増えています。睡眠不足に陥ると人はストレスを感じてしまいますが、これによって暴飲暴食に走ってしまうことがあり、結果的に睡眠不足が太る原因になってしまいます。

また、睡眠不足の方は起きている時間が長いため、夜中に空腹感を感じて必要以上に食べて太るという問題もあります。

睡眠の減少と運動不足で太る

睡眠が減ることで太るメカニズムには、運動不足も関連しています。睡眠が足りなくなると体のだるさが起こり、活動量の低下にも繋がりますが、これによって運動する機会も自然と減っていってしまいます。一方で、先ほど述べたように現代では太りやすい食事が多いため、運動不足と相まって摂取カロリーが消費カロリーを大きく上回り、睡眠不足が間接的に太る原因になります。

食欲ホルモンと睡眠不足

食欲をつかさどるホルモンにレプチンとグレリンがありますが、これらのバランスが乱れると食欲が過剰に増えることがあり、結果的に太る現象が起こります。睡眠不足でレプチンとグレリンのバランスが崩れることが分かっており、ホルモンという点に注目しても十分な睡眠が不可欠であることが分かります。

目安となる睡眠時間とは

太るのを避けるためには十分な睡眠時間が必要ですが、特に4時間以下の睡眠は太る作用を強めてしまうことが分かっています。それより多く眠ることで食事・運動の改善にも取り組み、ホルモンバランスも整えて太るのを回避することができます。ただし、どうしてもまとまった睡眠時間を確保できない方は個別に対処法を考える必要があります。

睡眠の悩みを共有する

睡眠不足は心身に悪影響を与えるため、日常のストレスを増進させるうえにそれ自体が大きなストレス要因にもなります。なかなか睡眠時間の調整が難しいという方は、睡眠不足の悩みを周囲の方と共有し、少しでも睡眠に対するストレスを軽減する工夫が大切です。また、あまりにも睡眠の問題が酷い場合は、医師などの専門家とも相談するようにしましょう。

食事を少しだけ工夫する

4時間以下の睡眠になりがちで太りやすくなっている方は、無理に睡眠習慣を変える前に食事を少しだけ改善してみましょう。ご飯の量を半分にしておかず中心の食事にするだけでも摂取カロリーは多く減少し、太るのを回避できます。大きく食生活を改善しようとするとストレスが生じ、睡眠不足と重なって過食に走る可能性があるため、あくまでも少しの改善に留めるように注意が必要です。

運動は日常の些細な心がけで

仕事などで睡眠時間が短くなりがちな方にとって、ストレッチやジムトレーニングなどは過酷なことが多く、継続も難しいです。そのため、通勤時に少し早歩きしてみる、階段を積極的に利用するなど、日常生活で簡単に取り入れやすい運動に取り組むことをお勧めします。太るのを避けるためには睡眠不足の解消は欠かせませんが、仕方がない場合は食事や運動の改善も効果があると覚えておくことが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る