考え事や不安で眠れない!雑念を取り払って良い睡眠を取る方法6選

睡眠を取る前には一日の嫌なことや今後不安なことについて考えを巡らしてしまいがちで、結果として雑念によってうまく睡眠が取れなくなることがあります。毎晩雑念に捕らわれて睡眠の質が下がると、不眠症だけでなくうつ病などの深刻な疾患に繋がる可能性もあるため、しっかりと対策を練ることが必要です。

冷静に後回しにする

雑念の中には「やらなければならない」という意識が含まれることがありますが、このタイプの雑念は焦燥感を生み出し、睡眠を妨げてしまいます。対策としては、「本当にやらないといけないのか」と冷静に考えてみることです。すると、意外といまやらなくても明日どうにかなる、といったことが少なくありません。

また、もし今すぐ着手しないといけない場合も、「全部やる必要はあるのか?」と考えた上で必要な分量だけこなすことが睡眠時間を確保するポイントです。

雑念を認める

睡眠できなくなるほどの雑念を抱えていると、「こんな雑念はダメだ」と自分を否定しがちです。特に他人に対する不満が雑念の内容だと、「不平不満を言ってはいけない」という考えが出てきて自己嫌悪に陥ることもあります。

しかし、愚痴や不満をぶつけることは自分の頭の中だけなら何の問題もありません。睡眠に大事なのは雑念を素直に認めること、そして雑念を抱いている自分を許すことです。

雑念を成功のイメージに

できなかったことや失敗したことを後悔する雑念も、睡眠を取りづらくする要因の一つです。このタイプの雑念があると、失敗したことによる周囲への罪悪感から睡眠が妨げられます。大事なのは「失敗は成功のもと」ということです。

失敗したということは自分の出来ないことが露わになったということですが、逆にそれを克服して新たなスキルを身につける機会でもあります。失敗に関する雑念を今後の成功に繋げるイメージをし、今後の活躍に備えてしっかり睡眠を取りましょう。

起きてみるのも効果的

雑念で全然睡眠が取れないという場合、思い切って起きてしまうのも実は効果があります。無理に雑念を取り除こうとするとそれがさらにストレスを生んでしまうため、起きて好きなことをしてみましょう。

基本的に睡眠前にテレビなどを見るのはよくないとされていますが、雑念で眠れない時は気にせず、自分がリラックスできる方法で過ごすことが大切です。

雑念を割り切る

抱いている雑念も今後の人生やもっと大変な苦労をしている人のことを考えると、実は大きなことではないという場合もあります。他人と比較して自分が不幸だと考えるのは睡眠前の雑念によくあることですが、逆に「比較的自分は幸せだ」と考えてみると雑念が消えて睡眠しやすくなるでしょう。

どのような方法であれ、「いまの雑念が意外と小さなこと」と考えられるように理由づけしてみることが効果的です。

音楽と単純作業

雑念を取り払うには、歌声の入っていないヒーリング系の音楽を聴きながら単純な作業をすることもお勧めです。単純作業とはたとえば数字を数えたり、羊の数を数えたりといったことです。

単純作業だけでも雑念が消えることはありますが、ヒーリング音楽を加えることでより雑念から注意が逸れてスムーズに睡眠を取りやすくなります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る